kazuo kawasaki's official blog

『英語に加わったオランダの異文化から美術用語が』





多分「イーゼル=画架」と馴染んだ経験がある人は数少なく、
美術との関係がある人たちだと思っています。
私自身、イーゼルと出会ったのは、美大の実技試験の時が始めて。
美大入試は、学科試験でおおよそ15倍程度だったと思います。
鉛筆デッサンと水彩画を2日間、朝から夕方まで、
課題をデッサン対象に向けて描いた思い出がはっきりとあります。
7人でデッサン対象を取り囲んで描いていましたから、
二つのグループから一人が合格では、と推測をし、
初めて鉛筆デッサンと水彩画を描いて、周囲の圧倒的な巧さに、
私は仰天しこれでは全く合格は出来ないと思い知らされました。
運良く、美大に進学し、1、2年次までは、石膏デッサンや、
改めて鉛筆デッサン、水彩画で、徹底的な指導を受けざるをえず、
いつもやり直しを命ぜられるほどの有様であり、悩んでいました。
英語は今や国際語になっていますが、それはそれぞれの国家文化が、
英語という言葉に多大な影響を与えていたことを後に知ります。
easel、sketch、landscapeなど美術用語である言葉は、
すべからくオランダ文化を英語は引き受けていたということです。
これらの言葉は、17世紀に、ルーベンス、ヴァン・ダイクや
レンブラントなどフランドル派の画家達が世界からも称讃を受け、
オランダが航海技術で海洋大国であったことからです。
当然、イタリア文化からは美術関係や音楽関係の言葉があり、
ドイツ語圏からは化学や鉱物学用語が英語を豊にしていました。
この形跡は「オックスフォード英語辞典」では、時期も明らかです。
たとえば、日本文化から英語への転化は、
16世紀には、kuge、 bonze、17世紀にはkatana、 shougun、 inro、
18世紀には、zazen、 zen、19世紀に、kimono、bushidoなどが
次第に数多く英語に日本語が取り入れられていきます。
今、私は布=nuno、羽二重=hubtaeを英語に加えていきたいと
デザイン戦略を練っています。
特に、hari、shari、 kishimi、 numeri、 shinayaka、fukurami、koshi
この布の質感を英語化を狙っています。


tag: easel, landscape, Sketch, 、hari、shari、 kishimi、 numeri、 shinayaka、fukurami, イタリア文化, イーゼル, オックスフォード英語辞典, オランダ文化, デッサン対象, ドイツ語圏, ルーベンス, レンブラント, ヴァン・ダイク, 化学, 実技試験, 布=nuno, 水彩画, 海洋大国, 画架, 石膏デッサン, 美大, 美大入試, 美術, 美術用語, 羽二重=hubta, 英語, 鉛筆デッサン, 鉱物学用語, 音楽関係


目次を見る

2 Responses to “『英語に加わったオランダの異文化から美術用語が』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:19 AM on 8月 13th, 2017

    [...] * 『私は、東芝が大好きだ』 * 『英語に加わったオランダの異文化から美術用語が』 * 『書そして運筆なら空海がお手本になる』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:04 AM on 9月 25th, 2017

    [...] 絶対に美しさはありません。 * 『現時点でのスタイラスペンの評価』 * 『英語に加わったオランダの異文化から美術用語が』 *  *  * tag: 3D-CAD, アナログ, デジタル化, ニュートン製, ネジ, [...]


This entry was posted on 金曜日, 8月 8th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.