kazuo kawasaki's official blog

『日本で最初のCAD解説本が示していたこと』





日本で最初のCAD解説本は私と当時のスタッフたちと上梓しました。
それはまだ福井にいた1991年のことです。
ClarisCADがVersionUPするので一年延びたと思います。
当時は、四つしかCADは無くて、私はMac専用を選んでいました。
VersaCAD・MiniCAD+・AutoCAD・ClarisCADが出始めた頃です。
なぜならこの三つはMS-DOSであり、CADの解釈に未来見えずでした。
図面とは何か、から書き始めていますから、
図面の定義も明らかになっています。
図面とは「未来の形態を伝達する書式」であり、
CADと言ってもComputer Aided DesignかDraftかを見極めました。
すでに、2DのCADから3D-CADに私は向かい、
その応用のために光造形システムを叶えられる大学人になっています。
当時もこのCADが最高とは言っていませんから未来希望があります。
正直、この本を書いていたことを忘れていたのは事実です。
だから、私は図鑑=作品集では紹介することを忘れていました。
思いがけず書庫で見つけて読み直して現代事情を見直した次第です。
当時の未来への期待では現状とは四つの違いがあるようです。
まず、OSの変化と進化がCADを決定していくだろうこと。
CAD/CAMへの進化が発想のための書式にはまだ未定なコトが多い。
3D-CADが2D-CADからの進化に連鎖している不都合さがあること。
すでにクラウド対応になる予想はしていなかったことなどです。
結局、発想がPCのCADに縛られていることからは、
なんとしても解放されなければ、CADの方が人間より賢いでしょう。
そのことがPCで出来てきたことを嫌悪する最大原因になっています。
最近ではPCもChromeOSやiPad上では使用方法が変わってきました。
これは発想・表現・伝達をも変貌させるはずです。
私はCADはすでに6D-CADにまで進化していますから、
デジタル図面化は図面上で時間・人材・材料までが次元化されます。
そんな時代に向かって、「未来の形態設計」に、
自分の発想そのものを大変貌させることは
間違い無く当時から繫がっていることは間違いありません。

「進化した光造形・ラピッドプロトタイピング」
「光造形と3Dプリンターでクラインボトルはなぜか?」
「三つの革命を促してくれた『光造形』デザイン」


tag: 2D-CAD, 3D-CAD, 6D-CAD, CAD解説本, ChromeOS, ClarisCAD, Computer Adited Design, Computer Adited Draft, iPad, MS-DOS, VersaCAD・MiniCAD+・AutoCAD・ClarisCAD, デジタル図面化, 光造形システム, 図鑑=作品集, 図面とは何か, 図面の定義, 時間・人材・材料, 未来の形態設計, 来の形態を伝達する書式, 発想・表現・伝達


目次を見る

2 Responses to “『日本で最初のCAD解説本が示していたこと』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:14 AM on 12月 24th, 2016

    [...] * 「二回捻ったトーラス(ドーナツ)同様にすれば」 * 『日本で最初のCAD解説本が示していたこと』 tag: 2004年, 3D-CAD, CG動画, EWS, KK塾, KK適塾, アメリカ, イントロ画面, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 27th, 2017

    [...] の制御という技能に 絶対に立ち戻るべきだと私は確信しています。 * 『日本で最初のCAD解説本が示していたこと』 * 「『MAKERS』・・・この書籍に誤魔化されてはいけない」 * 『 [...]


This entry was posted on 金曜日, 8月 29th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.