kazuo kawasaki's official blog

『流行の根源である伝染病は人類の破滅道理なのか』





流行学というのは、原意学術は「伝染病の流行」でした。
私は医工連携の情報収集で、医学的な流行性などが早く知ります。
特に、人類にとって、「エボラ出血熱」の流行は、
まだ私たち日本人には遠い話ではありましたが、
これは遺伝子そのものに関わり、1970年中旬頃に発生しました。
原因はコウモリ?、蚊?なのかどうかも不明であり、
確実に死に至る伝染病であることです。
それでも医師団がその地域に飛び込んで治療していても、
その半数が亡くなってしまったということになれば恐怖です。
この恐怖は遺伝子へのウイルス病で治療方法が皆無ですから、
先進国家に流行なら、もっと過酷な人類存続を遮断するでしょう。
人口72億450万(2014.9.1現在)を地球自然が支えられないとしたら
まさに、わが国にも「デング熱」が国内で発症し始めています。
地球温暖化が平均4.2°Cアップしていることが、天変地異どころか
伝染病の流行がどんどん拡大しているようです。
わが国が亜熱帯化していて本来生存しない昆虫が国会近くで発見も
この表れだった気がしてなりません。
ウイルスの顕微鏡写真ほどグラフィックとしてまったく美を欠落。
蚊を殺虫剤というのも時代遅れですから新たな方式がテーマです。
人類にとって、ウィルスとの対峙方法こそ私は自然との関係、
つまり、自然と調和することの不可能さを主張することになります。
なぜなら、滅菌性を強めればアレルギーやアトピー症例を増加し、
この対症方法も未だにわかりません。
まして、DNAまで破壊してくるRNAウィルスの増加は、
おそらく、地球の温暖化と関係が始まっている気がしてなりません。
敗血症・多臓器不全にまで至った経験のある私には、
こうした伝染病に流行ということの実は人類の脆弱さを
思い知る事、その恐怖感を覚えます。


「PKDの途中報告」
「自然との喧嘩・調和などありえない」


tag: 4.2度Cアップ, DNA, RNAウィルス, アトピー, アレルギー, ウイルス病, エボラ出血熱, コウモリ, デング熱, 亜熱帯化, 人口, 人口72億450万(2014.9.1現在), 人類の脆弱さ, 人類存続を遮断, 伝染病の流行, 医学的な流行性, 医工連携, 地球温暖化, 多臓器不全, 恐怖感, 敗血症, 昆虫, 殺虫剤, 治療方法が皆無, 流行学, 自然と調和, , , 遺伝子


目次を見る

3 Responses to “『流行の根源である伝染病は人類の破滅道理なのか』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 9月 7th, 2014

    [...] すごいスピードで迫ってきていることです。 『流行の根源である伝染病は人類の破滅道理なのか』 「『突然変異』・決して起こってほしくないこと」 tag: デング熱, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:12 AM on 6月 21st, 2017

    [...] * 『デング熱は風土病ゆえにもっと厳密なジャーナリズム報道を』 * 『流行の根源である伝染病は人類の破滅道理なのか』 tag: 139Pu, 140Pu, Fire Ants, コンテナ, テロ行為, デザイン主導, ハエ, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 8月 1st, 2017

    [...] 態を見詰めながら、 なんだかワクワクしている自分がいます。 * 『流行の根源である伝染病は人類の破滅道理なのか』 * 『見詰める光は「あかり」になるという事例』 * 『電子 [...]


This entry was posted on 火曜日, 9月 2nd, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.