kazuo kawasaki's official blog

9月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



9月4日 戊寅(赤口)



フリーランスのデザイナーには、
必ずや限界があるものだ。

そう簡単にフリーランスで
デザイナーになれるものではない。

まず、それだけの「造形力」が必要だ。
そして
最も大事なコトは
「人間関係」であり、
造形力、以前の問題である。
この実務経験を
私は伝えたいと思っているが、
それを受け止められない若手の将来は
私にはもう「見えている」。

「川崎和男 強い人弱い人」


tag: デザイナー, フリーランス, 人間関係, 川崎和男, 強い人弱い人


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 木曜日, 9月 4th, 2014 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 強い人間 弱い人間. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.