kazuo kawasaki's official blog

『きっとまた心配されると思うが・・・ダビドフの文化』





私は心臓を患ってから確かに禁煙をしました。
すでに正直、駅構内などで喫煙をしている場所は耐えがたい空気。
喫煙と癌の関係も明白な現在、喫煙は罪悪的な行為になっています。
私は父からタバコはこれからとロスマンズを渡されました。
先般、パリでロスマンズを見つけて1カートン買ってきました。
私の周囲にいる日本の宝とも言える、建築家、編集家、舞踊家にも
禁煙を結構厳しく言っていましたが、60になってから辞めました。
というより、私も65になったんだから、もう構わないとすら、
そう思うようになっていますが、ワイフはじめ周囲からは
厳格に叱られています。
しかし、紙巻きたばこ、パイプと、言わば学んだ実践ダンディズム、
これは忘れがたいことがあります。
ただ、パイプにはそれなりの記憶がありましたが、
葉巻については、まったく無知識でした。ところが、最近、
そのプロの方から丁寧な説明を受けました。
葉巻は全てが自然物であり、パイプ煙草のような加工零とのこと。
特に、葉巻で最高峰と言われているダビドフについては、
その長さや喫煙での室内アロマセラピー的な効果などに惹かれました。
ナンバー2に始まってナンバー2に必ず戻ると言う話は、
私をとことん惹き付けました。つまり、葉巻を始めると、
様々な葉巻それらを自分にあうかどうかで逡巡しますが、結局は、
このサイクルに戻ってしまうということです。
私なりに調べてみれば、葉巻も癌とは関係があることは明らかです。
周囲を巻き込む可能性もあります。
それだけに、シガーバーの存在があるわけです。
ただ、私をひきつけたのはこのブランドではパジャマがあったこと。
葉巻の高級ブランドのモノづくりは、結局、眠りへのコトデザインを
パジャマにアソート化していました。
喫煙、禁煙、癌との関係、ゆえにであっても、確実な文化性です。
そして気づいたのは、デザイナーがデザイン対象として灰皿、
今では全く代表作になりませんが、葉巻用というのは無かったこと、
すべてが紙煙草であり、葉巻喫煙作法の灰皿を探したいと思っています。


『タバコ・喫煙再開せず』
「酒とタバコと、そして・・・」
『出張したホテルでも・「眠りの鎧」として』


tag: No2, アソート化, アロマセラピー, シガーバー, ダビドフ, ダンディズム, ナンバー2, パイプ, パイプ煙草, パジャマ, ロスマンズ, 喫煙, 建築家, 心臓、, 灰皿, , 禁煙, 紙巻きたばこ, 編集家, 罪悪的な行為, 自然物, 舞踊家, 葉巻, 葉巻も癌, 葉巻喫煙作法, 葉巻用


目次を見る

2 Responses to “『きっとまた心配されると思うが・・・ダビドフの文化』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 11月 19th, 2014

    [...] 私は、絶対に人生の最期までに葉巻への知識は存分にします。 『きっとまた心配されると思うが・・・ダビドフの文化』 tag: 45歳, 70%, たばこ, アロマセラピー, イロハ, カーボン製, サイエンス, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 5月 26th, 2016

    [...] ランソロピーにデザインは深く関与すべきだと思っています。 *『きっとまた心配されると思うが・・・ダビドフの文化』 *『クールビズ・ネクタイ文化は終わろうとしているか』 * [...]


This entry was posted on 水曜日, 10月 15th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.