kazuo kawasaki's official blog

10月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



10月17日 辛酉(友引)


喧嘩は室町時代に
「喧嘩道」という美学のひとつ。
なぜなら、
喧嘩とは
口喧嘩=口論=ディベートであり、
暴力殴り合いではなかった。
そして、
喧嘩とは
自分に売ることで、
それから相手に対峙対決することだった。

川崎和男「喧嘩道」


tag: ディベート, 口論, 喧嘩, 喧嘩道, 川崎和男「喧嘩道」, 川崎和男のデザイン金言


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 金曜日, 10月 17th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 070 「企業C.I.とブランド」, APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.