kazuo kawasaki's official blog

『なぜ、あえて「日本刀」と呼ばれたのか?!』





私がふるさとで越前打刃物に関わり再びデザイナーに戻れました。
オーディオに関わり、刃物で復活できた私には、
アナログ・デジタルという技術と伝統工芸が私を鍛えたと思います。
その最大の核心は、ダンディズムを鍛え上げ、
どこまで、一心不乱に修練と精進を身体化させる全うさを学習。
すでに歩けなくなった体であっても生と美を真っ直ぐに見抜ける、
美でもって判断と評価できる力が備わってきた感覚があります。
その実例に、「日本刀」というモノのシンボル性を上げます。
世界中、どの民族も歴史を鍛える武器を持っていたことは事実です。
その武器の中で、なぜ「日本刀」が最高の技能表現であり、
わが日本では三種の神器でもあり、武器を超えて象徴、すなわち、
思想の頂点であり、なおかつ生と死を繋いでいるモノです。
それは一方で、偽物をいやというほど氾濫させてもいます。
特に、武田信玄は文字に最大に拘っただけに、彼の書状ほど、
偽物は多く、彼の刀も武者人形では鮮やかさで語られています。
武者人形は私は外孫一番だったこともあり祖父が買ってくれました。
しかも、当時の武者人形の刀は本物でした。
つまり模造品では無くその刀を引く抜くことが恐かった思い出です。
私は、日本刀は平安末期から鎌倉時代は実用品、武器そのモノであり
江戸時代には文化的な刀装が美しさを創りあげますが、
その模造品であったとしても、根幹の偽物やコピーは禁止でした。
つまりもはや作者不明であっても倫理性あって美学を語ったのです。
昨今では、作者が逝けば、モノ真似、コピー、いや盗作をして
平然としている者を見かけます。まず、倫理観を喪失しているのに、
あたかも自分の創作とは、大嘘つきです。
あたかも、武田信玄刀と言って武者人形飾りと同レベルですが、
時代は真の歴史性を無視する傾向が風潮化されていることを憂います。
結局、本物への真贋洞察には多大な知性を基盤にした感性が必需です。
これは創作者や表現者だけでなく経営者にも取り憑いています。
それが、現代の日本を台無しにしている元凶だと断定します。


「オーディオの恩師はダンディズムの恩師でもある」
「人形・ワイフのコレクションにみる『ブランド価値』」


tag: アナログ, オーディオ, コピー, シンボル性, ダンディズム, デジタル, 一心不乱, 伝統工芸, 修練, 倫理性, 倫理観を喪失, 偽物, 刀装, 創作者, 外孫一番, 実用品, 思想の頂点, 感性必需, 日本を台無し, 日本刀, 本物, 模造品, 武器, 武田信玄, 武者人形, 無視する傾向, 生と美, 盗作, 真贋洞察, 精進, 経営者, 表現者, 象徴, 越前打刃物, 身体化


目次を見る

One Response to “『なぜ、あえて「日本刀」と呼ばれたのか?!』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:06 AM on 1月 17th, 2017

    [...] * 「イノベーションのための虚空回帰」 * 『なぜ、あえて「日本刀」と呼ばれたのか?!』 tag: 1200度, 1300度, 1400度, 1500度, 400度, 600度, 690度, あかり, ひかり, [...]


This entry was posted on 日曜日, 10月 19th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.