kazuo kawasaki's official blog

11月02日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



11月02日 丁丑(赤口)


デザイナーというのは自称できる。
しかし、
その根本には
美的な見識と知識、そして技能が要る。

その見識の根幹は「嘘つき」でないこと、
利用できることは利用する。
最も許せないのは、
嘘つきで利用する奴、奴らです。

このような奴らこそ、
最も許せない喧嘩相手です。

川崎和男「喧嘩道」


tag: デザイナー, 喧嘩相手, 嘘つき, 川崎和男「喧嘩道」, 技能, 根本, 知識, 自称, 見識


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 11月 2nd, 2014 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.