kazuo kawasaki's official blog

『享保の手帖から私が学び直したこと』





母方の血筋は宮大工です。祖父は最後の宮大工でした。
伯父から残っている宮大工関連の図面や代々語り継がれた家訓と
現代でのメモ、手帖を譲りもらいました。
写真の手帖は達筆とはいえない仕事関係の命令書的な記載があり、
それは享保19年ですから1734年の記述です。
図面は、発想が広がれば用紙は付け足され、正面図が描かれると、
その用紙の裏面には背面図がそのまま描かれているのです。
私は数十枚の図面を徳川美術館で修復をしてもらいましたが、
最も私が気を引かれたのが、和紙でも泥漉きの紙でした。
私が越前和紙の産地に、最初訪れたとき、いきなり言われたのは、
私がデザイナーだと言った瞬間「帰ってほしい!」と言われました。
それはどれほどデザイナーというのが産地を壊していたことです。
だから、何度か訪れて心を開いてもらった方はもう逝かれましたが、
世界各地で手漉き和紙の実演をされていたのです。
彼の跡継ぎ連中と私は「オータキペーパーランド」を創りました。
今では、その連中の子ども達はFBしてくるまでに成長しました。
彼は、「父親を人間国宝にしたい師匠」だと言ってきます。
だから、今、デザイン活動をまとめてしていませんが、
私は自分用の和紙を発注することができます。それは絶対に、
街中にある和紙の専門店=ほとんどが和風紙=半草紙です。
私は半草紙が駄目だと言っているのではありません。
なぜなら、本物の楮紙や雁皮紙などはとても高額です。
そのようなモノは絶対に今の市場では「商品価格」がつけられません。
余程、工芸紙であるという納得がいるわけです。
いかにも1300年の歴史でユネスコ認定という前に、
1500年の越前和紙産地が選外になることは三つのことを示しています。
まず、「和紙」でなぜ登録しなかったのだろうか?
全国各地の和紙産地を区別して、伝承性の保護など無意味です。
ユネスコ認定で毎年どれほど行政は支払うのでしょうか?
無償だとするなら、和紙業界に大きな差別格差をつけたことです。
なんとも納得できません。
そして、低レベルなデザイナーがハエのように出てくるでしょう。


tag: 1300年, 1500年, 1974, オータキペーパーランド, ハエ, ユネスコ認定, 亨保19年, 人間国宝, 伝承性の保護, 低レベルなデザイナー, 保護など無意味, 修復, 半草紙, 和紙業界, 和風紙, 商品価格, 図面, 宮大工, 工芸紙, 差別格差, 徳川美術館, 手帖, 手漉き和紙, 楮紙, 正面図, 母方, 泥漉きの紙, 祖父, 背面図, 自分用の和紙, 裏面, 越前和紙, 越前和紙産地が選外, 達筆, 雁皮紙


目次を見る

2 Responses to “『享保の手帖から私が学び直したこと』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:40 AM on 12月 17th, 2014

    [...] 『越前和紙に私専用を特注、なぜなら伝統の技能だから』 『享保の手帖から私が学び直したこと』 「伝統は熟知必然・実例としての和紙か和風紙か」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:10 AM on 8月 31st, 2016

    [...] * 『硯箱を整理しながら・・・』 * 『享保の手帖から私が学び直したこと』 * 「お盆・精霊馬の風習は願いを込めて、今年も!」 [...]


This entry was posted on 月曜日, 11月 3rd, 2014 at 12:20 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.