kazuo kawasaki's official blog

11月09日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



11月09日 甲申(先勝)


喧嘩といえば、
ある種、暴力対戦だと思われている。
これほど、知性無き解釈は大間違いだ。

喧嘩とは、
確かに、肉体的な対戦もあるが
最も重要なことは
「自分」への
精神的かつ肉体への
限界対戦であるということだ!

川崎和男「喧嘩道」


tag: 喧嘩, 川崎和男「喧嘩道」, 暴力対戦, 知性無き解釈, 限界対戦


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 11月 9th, 2014 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.