kazuo kawasaki's official blog

『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』





時刻という人類が勝手に決めたいわば概念ですが、
この視覚的な測定器は、デザイナーにとって格好のテーマです。
しかし、デザインの力量を試されることは間違いありません。
私自身、このデザインに取り組み、その商品化は1989年頃でした。
思い起こせば、やはり30代でしたから、まだ無名だったメーカーと
懸命に取り組んでいました。今やこのメーカーは、
壁掛け時計では大きな存在になっていて、デザイナークロックも
相当に商品化されています。
時計は、あくまでも時刻の概念、その視覚的な測定器にすぎません。
視覚的な測定器ゆえに時空間をきっちりと12時間設定したモノです。
少なからず、私の時計は今も商品化=HOLAされていますし、
使っていただいているユーザーは沢山います。
そして、なんといっても20世紀を代表する時計=The Clockとして、
スミソニアンのデザインミュージアムであるクーパーヒューイットに
パーマネントコレクションされていることです。
そこで、この時計をiPhoneアプリにもすることができました。
このシリーズも商品化しましたが、まったく売れない時期もあり、
メーカーの負担も相当にあったと思いますが、
そのメーカーから、私のこの「HOLA」を超えるデザインには
まだ私は出会っていません。だから、結局自分の代表作です。
しかし、問題はすでに日本の技術は進化してきていますが、
いわゆる壁掛け時計を進化させるユニット化技術は皆無です。
私がそれなりの発言をすればいいのですが、私はこの作品でOKです。
よく、来訪者にいわれるのは、この時計が部屋の壁にはありません。
正直、自分の作品を室内には置きたくはないのです。
作品集のために、もっといい情報化の写真は必要だと思っています。
今、私が時刻の概念化と視覚化においては、
太陽暦と太陰暦二つがなんとしても欲しいと考え続けています。
そして、私は次世代にせめて壁掛け時計、その商品化チャンスを
あたえてくれるメーカーがあってほしいと願っています。


「iPhoneアプリ・もう一度知らせます」


tag: 1989年, HOLA, iPhoneアプリ, The Clock, クーパーヒューイット, スミソニアン, デザイナークロック, デザインミュージアム, パーマネントコレクション, 人類, 商品化チャンス, 壁掛け時計, 太陰暦, 太陽暦, 情報化の写真, 時刻, 時刻の概念, 時刻の概念化, 時空間, 格好のテーマ, 測定器, 視覚, 視覚的な測定器


目次を見る

4 Responses to “『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 9月 12th, 2016

    [...] 合掌せざるをえませんが、無念至極です。 「タカタレムノス」沿革 * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 * 「iPhoneアプリ・もう一度知らせます」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:22 AM on 4月 30th, 2017

    [...] * 「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」 * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 * 「生はカタストロフィとの接点にある」 tag: HOLA, アート, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:09 AM on 6月 6th, 2017

    [...] * 『理念という思想からの発明がデザイン造形を決定する』 * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 * 「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」 tag: 1960年, アンケート, [...]

  4. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:49 AM on 9月 9th, 2017

    [...] * 「月齢表示・ムーンフェイズが暗黙に指示しているかも」 * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 * 『日本人の根本的な倫理観、その原点を見つめ直す』 [...]


This entry was posted on 木曜日, 11月 20th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.