kazuo kawasaki's official blog

『メルクリンの世界も私の憧れのコレクションだ!』





鉄道模型には子ども頃から心惹かれていました。
しかし電車の運転手になろうなんてことは一度も思いませんでした。
鉄道模型が欲しくて、祖父なら買ってくれるだろうと思って、
祖父にねだったことがありました。
はっきりと言われました。「大きくなったら自分で買いなさい」と。
大人になってわかったのは、メルクリンはとても高額でした。
ところが、東芝に入社して、上司がメルクリンに凝っていました。
いつかは自分も買い求めて部屋中をジオラマにしたいと思ってます。
だから、それなりにメルクリンを収集してきましたが、
とてもジオラマを創り上げる時間はまだありません。
「ハッカー」というのは、今ではコンピューター用語ですが、
本当は、MITの鉄道模型クラブのジオラマを、こっそりと、
一夜にしてやり替えてしまう連中を呼んでいた言葉でした。
鉄道模型、ジオラマの世界観は、とても優れた高度な知的趣味です。
そして、これまでメルクリンに憧れて、私なりの基準の収集性は、
実は大きな変化がきていたのです。
それはアナログだったジオラマが、すっかりとデジタル化しました。
それこそ、メルクリンクラブがありましたが、もう無くなりました。
これまで鉄道模型なら、なんとしてもZゲージ!
そうした人が激減してきた気がします。
メルクリンショップも、本当に少なくなってしまいました。
だから、毎月メールでの案内に心が躍ります。
私は、オーディオの世界もメルクリンの世界もやはり、ここには、
明確なダンディズムがあると確信しています。
そして、かつてはアナログ世界ゆえに面白くてたまらなかったコトが
デジタル化によって失ったコトがなんだか多い気がしてなりません。
Zゲージの世界は、やはりとても高額であり、
この世界観を楽しむのには、おそらくビジネス世界でも、
相当に成功しなければ、この世界は手に入らないのかもしれません。
メルクリンの世界観は、やや「鉄ちゃん」ということとは、
大きな違いがあるのかもしれません。



「遠くへ行きたいからという本能」


tag: MIT, Zゲージ, アナログ, オーディオ, ジオラマ, デジタル, ハッカー, ビジネス世界, メルクリン, メルクリンショップ, 基準の収集性, 鉄ちゃん, 鉄道模型, 鉄道模型クラブ, 高度な知的趣味


目次を見る

3 Responses to “『メルクリンの世界も私の憧れのコレクションだ!』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:53 AM on 1月 6th, 2017

    [...] クション性は確実な美しさ発見の動機になると思っています。 * 『メルクリンの世界も私の憧れのコレクションだ!』 * 『やっぱり造り込んでしまいましたが・・・』 * 「医・ [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:53 AM on 1月 6th, 2017

    [...] クション性は確実な美しさ発見の動機になると思っています。 * 『メルクリンの世界も私の憧れのコレクションだ!』 * 『やっぱり造り込んでしまいましたが・・・』 * 「医・ [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 11月 17th, 2017

    [...] * 『メルクリンの世界も私の憧れのコレクションだ!』 * 『手首測定の電子血圧計はもっと進化が必要だ』 [...]


This entry was posted on 金曜日, 11月 21st, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.