kazuo kawasaki's official blog

『手稿は宝物である』





私は教員という役目として、学生たちには、友人をつくることを
ことさら薦めて主張してきました。
ただし、友人というのは、今は亡き人たちに友人をつくることです。
彼ら、彼女らは、書籍の中に生きていますから、
本を読んで一方的に必死に友情をもてるぐらいになることを薦めます。
まして、その友人達の手稿があればそれは最高の友情だと考えます。
私の宝物は本物ではありませんが、ダヴィンチとクレーの手稿、
この二つは最高の物であり、おそらく再版されない限り、
美術館での特別展以外は見ることができません。
ダヴィンチはデッサン手稿でとても大きいのですが、
パウル・クレーの「造形理論ノート」は、彼の講義準備ノートです。
手稿ゆえに言葉は独語で書かれていますが、
出版物(今はもう手に入らない)では、ノートと翻訳があり、
ノートにはいわゆる図形、形態の彼なりの原則解釈があります。
おそらく、パウル・クレーほど厳密に図形、その造形解釈、
その論理化を熟考し言葉に置き換えて残してくれた人物はいません。
したがって、よく質問をしてくる学生には、
パウル・クレーと友情を持つことを吹聴してきたものです。
その実、今でも私がすべてを理解しているわけではありませんが、
時に、この造形表現はなにかおかしいと直感すると、
その説明は、彼の造形思考ノートで正解を確認することができます。
たとえば、単純なこと、矢印図形一つでも、なぜ、その平面性や
力学的な特性は、彼の言葉、文章で理解可能になります。
日本ではほとんどバウハウスの教育論が無視されていますが、
文理学際化の源、その教育原理はバウハウスにあります。
「教育原理」という教員資格単位がありましたが、
私は4年間この授業を受けましたが、単位を取らずなので、
結局、中高の美術科教員資格は持てませんでした。
理由は明快です。パウル・クレーの言説論無き「教育原理」などは、
大間違いだと今も思っているからです。
造形理論ノートには、造形課題とその教育理由が書かれています。


tag: クレー, ダヴィンチ, デッサン手稿, バウハウス, パウルクレー, パウル・クレー, 亡き人, 単位, 原則解釈, 友人, 友情, 吹聴, 図形, 学生, 宝物, 形態, 手稿, 教員, 教員資格, 教育原理, 教育理由, 教育論, 文章, 書籍, 最高の友情, 本物, 熟考, 特別展, 独語, 矢印, 美術館, 言葉, 論理化, 講義準備ノート, 造形思考, 造形理論ノート, 造形表現, 造形解釈, 造形課題


目次を見る

3 Responses to “『手稿は宝物である』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 12月 26th, 2016

    [...] 。 ともかく、定本が文庫本になっていることは共有したいと考えています。 * 『手稿は宝物である』 * 『バイブルとテキストでは著作権と商標権は闘えぬ』 * 『「造形思考」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:38 AM on 3月 3rd, 2017

    [...] * 『アンコンシャス・ビューティを学んだから・・・』 * 『手稿は宝物である』 * 『モダンデザインの造形に潜むスーパー楕円』 [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:38 PM on 10月 13th, 2017

    [...] * 「加飾すること=ファッションスタイルは最初提示の効能」 * 『手稿は宝物である』 *  *  tag: カント, ナラシオン性, ネクタイ, パウル・クレー, ブーム, [...]


This entry was posted on 日曜日, 12月 7th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.