kazuo kawasaki's official blog

『クリスマスプレゼントは万年筆を語れる少女から』





私にはとても幸運なことに、趣味を徹底的に語れる友人がいます。
オーディオ、鉄道模型、カメラ、筆記具、そして万年筆などです。
私が最も最高品質としているビスコンティの最高級万年筆には、
今年も、万年筆・用紙品質・その用紙品質を
教わるほど語れる女の子が一人います。
万年筆のショップを持たせてあげたいほど、
私と徹底的に話が出来合う一人であり、彼女の万年筆知性は、
それこそもう一人筆記具など専門誌編集長ほどの知識力があります。
日本で最高のインクについても彼女とはいつまでも話ができます。
以前も、これ日本で最高のインクと言って紹介を受けました。
思いがけず、今度もクリスマスプレゼントとして、
カードとともに送ってもらって大感動でした。
このインクがふさわしいし、私の万年筆、収集品もほとんど熟知ゆえ
あの万年筆が、とか書き添えられていました。
そうなると、またまたワイフに叱られながらも、すべての万年筆を
そうだ、年末にすべてをクリーニングしなくてはいけない。
彼女はそうも言いたくて送ってもらったのかもしれない。
いや、このところはほとんど毛筆で手紙を書き、
iPad描画のスタイラスを描き競べていましたが、それこそ大慌てで、
このインクにはビスコンティの一本に入れて使いたいと思いました。
丁度昨夜には、メタルチップのペンシルとシャープペンシル、
鉛筆の進化をメモのごとくブログを書いていました。
やっぱり、赤いフェルトの上に、三本のビスコンティを並べました。
インクのビンは、いづれ、インクだけでもじっくりと、
そのインク色についても記しておきたいほどです。
ともかくも、彼女のこの筆記具知識は知識熟知を超えていますから、
今では万年筆知識もない連中には聞かせてやりたいと熱望します。
書くことは欠いていることを埋め尽くす、
それには、どれほど、しかも最高の色があるということを
また、彼女から教えられました。


「机上の一本はスケッチ用万年筆」
『ブロッター・インクと吸い取り紙の関係』
「ブルーを持ち歩くというファッションとデザイン効果」


tag: iPad, iPad描画, インクのビン, インク色, オーディオ, カメラ, カード, クリスマスプレゼント, クリーニング, シャープペンシル, ショップ, スタイラス, ビスコンティ, ペンシル, メタルチップ, ワイフ, 万年筆, 友人, 収集品, 埋め尽くす, 専門誌編集長, 幸運, 書くことは欠いている, 最高の色, 最高品質, 最高級万年筆, 毛筆, 用紙品質, 知識熟知, 筆記具, 筆記具知識, 赤いフェルト, 趣味, 鉄道模型, 鉛筆の進化


目次を見る

One Response to “『クリスマスプレゼントは万年筆を語れる少女から』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:06 AM on 8月 7th, 2016

    [...] * 『「機能」と「デザイン」=日本文具大賞の審査基準』 * 『クリスマスプレゼントは万年筆を語れる少女から』 tag: こだわる, コレクション, モノ, モノづく, モノと対峙, 万年筆, [...]


This entry was posted on 金曜日, 12月 26th, 2014 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.