kazuo kawasaki's official blog

『私のJBL4343はフリーになってからの私を見てきた』





車イス生活となって、まだ東芝に籍を置きながら、
私は赤坂でフリーランスデザイナーにならざるを得ませんでした。
しかし、フリーになっても、オーディオ機器のデザインは、
契約上出来ないことになっていましたが、
何としても手に入れたかったのはJBL4343でした。
ユニットのコイルの巻き方は圧倒的に美しいからこその音なのです。
通常の4343は前面バッフルがブルーでしたが、
私はあえてブラック仕様を探し求めました。そして、筐体には、
私自身が開発していたコンクリート表皮ギミックの素材を貼りました。
それはオーディオ用に私が開発したシートでした。
スピーカーユニットはどうしてもエッジ部位がゴム製のために、
これまで4回リペアをし、それからスピーカー内部や配線も
メインテナンスをして、名古屋時代はあまり使用しませんでした。
ところが、オーディオ評論家でオーディオの師匠S氏が、
「レコード演奏家」シリーズの取材で私の音を聴きたいと言われ、
私はとてもビビりました。
なぜなら、部屋の定在波すら見えてしまう先生ですから、
メインテナンスしたいわばまっさらなスピーカーに、
ホワイトノイズ、ピンクノイズ、低音、ピアノ音、ヴァイオリン音を
1ヶ月かけて鳴らし運転をしながら、部屋のドアから、
壁面までをリニュアルしたほどでした。
取材の日には、サン=サーンスやボロディンを聴いてもらいました。
取材前夜は、まだ駄目かなと思っていましたが、取材当日は、
見事な音を鳴らしてくれたのを覚えています。
先生が帰られてから、私は4343にお礼を言ったぐらいでした。
スピーカーシステムには大事な扱いが通じるものです。
私は優れた機器は裏切らないと信じています。
おそらく、またすべてのメインテナンスは私の人生最期になります。
私がフリーになって以来このスピーカーは私を見てきてくれました。
名機をデザインすれば、決してそうしたモノたちは裏切りません。
だから、私はモノのデザインを確信しているのです。
ただし、それらは名機になる必要があると思っています。


tag: JBL4343, エッジ, オーディオ機器, ギミック, コイル, コンクリート表皮, ゴム製, サンサーンス, バッフル, ピアノ音, ピンクノイズ, フリーランスデザイナー, ブラック, ブルー, ホワイトノイズ, ボロディン, メインテナンス, ユニット, リニュアル, リペア, レコード演奏家, ヴァイオリン音, 人生最期, 低音, 優れた機器, 取材, 名機, 定在波, 巻き方, 東芝, 筐体, 裏切らない, 赤坂, 車イス生活


目次を見る

2 Responses to “『私のJBL4343はフリーになってからの私を見てきた』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:41 AM on 5月 21st, 2017

    [...] * 『サラウンド形式ゆえに3.3chと呼びます』 * 『私のJBL4343はフリーになってからの私を見てきた』 * 『整理したTVオーディオ環境のスピーカーシステム』 tag: 4K, 7.1ch, 8K, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:42 AM on 9月 5th, 2017

    [...] * 『医工連携など妄想である!』 * 『私のJBL4343はフリーになってからの私を見てきた』 * 「音からデザイン役割を語る基礎として」 [...]


This entry was posted on 水曜日, 1月 14th, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.