kazuo kawasaki's official blog

『対決が明白なTVドラマの効能性の評価』





私はTV大好き人間です。
だから番組改編ともなると、全ての番組を観ずにはいられません。
すでにTVというマスコミの形式は破綻を始めています。
これは情報社会、マスコミ論として別稿しなければなりません。
したがって、TV番組の形式と内容は、視聴率という評価軸で、
その存在性が、時代的に問われる事態になっていると思います。
「能書き」という会話ことばがありますが、これは性能説明のことです。
一般的には薬の効能、薬の効き具合を説明書きされたことです。
私は、デザインは機能的とか、機能的だからデザインという論述は
きわめて曖昧であり、それゆえにデザインの理解は大誤解を招く、
このことをずーっと主張してきました。
そこで、今回とても明確なこのTVドラマ対決は、
ドラマの効能性そのものの評価に連動していると思っています。
同時刻に、一方は夫であり一方は妻を主人公にした番組です。
肖像権上、ブログであっても男優や女優の写真は控えましたが、
ドラマタイトルのロゴは著作権表示で借用しています。
こうしたドラマは、すでにタイトルで一つの決着が決まっています。
夫の形容はすでに「ダメな」と言い、妻の形容は○○ゆえに、
視聴者の想像力に任せた○○が勝っています。
つまり、タイトルが効能性を表現し、ドラマ内容は脚本と、
画面構成デザインで視聴率の勝負はついてしまっているようです。
TVドラマには、その番組物語には機能性はありません。
問われているのは効能性という、特に時代的で社会性での存在です。
もし性能性を語るとするならそれは対決するTV局の能力差異性です。
翻って、デザインの効能性と性能性もこのドラマの対決存在から、
一つの大きなヒントを確認することができるのではと思います。
デザインは、性能性と効能性、その能力が機能性だと、
私は定義することができると考えています。


tag: TV, TV 大好き, TVドラマ, ドラマタイトル, ドラマ内容, マスコミ, マスコミ論, 会話ことば, 借用, 効能, 同時刻に、方や夫であり、方や妻を主人公にした番組です。 肖像権, 大誤解, 女優, 定義, 対決, 性能, 性能説明, 情報社会, 機能, 機能的, 男優, 番組, 番組改編, 能力差異性, 能書き, 著作権表示, , 薬の効き具合, 視聴率, 評価


目次を見る

One Response to “『対決が明白なTVドラマの効能性の評価』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:33 AM on 5月 21st, 2017

    [...] * 『技術革新以前の問題解決=デザインがある!』 * 『対決が明白なTVドラマの効能性の評価』 * 『サラウンド形式ゆえに3.3chと呼びます』 [...]


This entry was posted on 火曜日, 1月 20th, 2015 at 12:21 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.