kazuo kawasaki's official blog

2月1日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



2月1日 戊申(赤口)


喧嘩の大事には、軍事があります。
軍事を単純な暴力事件の大事というのは
明らかに間違いです。

国家間の大喧嘩は軍事になるやも知れません。
民族間の大喧嘩も軍事になるでしょう。

しかし、宗教間での喧嘩は、軍事ではありません。
軍事における「情勢報告」=情報であり、
情報戦とは軍事ですが、喧嘩道の美学には
決して至らないことは明確になってきました。



川崎和男「喧嘩道」


tag: 喧嘩, 国家, 川崎和男「喧嘩道」, 情勢報告, 暴力事件, 民族, 軍事


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 2月 1st, 2015 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.