kazuo kawasaki's official blog

『iPadでのスタイラス先端が新たなペン先になった』






iPadでスケッチが描けるようになってから、
スタイラスを自作してさらにあらゆるスタイラスを使ってきました。
私は、なんとか自分の身体・指先にフィット感を重視したのです。
本当に、市販されるとこのフィット感に拘り抜いてきました。
が、ダヴィンチ時代の鉄ペンを使い、葉巻文化が生きたボールペン、
こうした筆記具で、大きなことを学んだのです。
それは、「弘法筆を選ばず」ということでした。
結局、スタイラスが静電対応まで工夫されてきましたが、
そんな中で、スタイラス先端が小さな円形透明プラスチックが
実はアプリケーションとの対応で、スケッチと書が同じことが重大。
この発見によって、私は、これからのスケッチ技能を
iPad上で、どういうトレーニングで可能になるかということでした。
幸いにして、NHK国際の取材で、デザイナーならスケッチ場面撮影を
必ずTV的に要求されますから、「デジタルスケッチにします」、
取材陣はびっくりされたようですが、描き出したら、
次々と要求されるとともに、まったくこれまでの画材無しを評価。
そうして、私は、これからのデザイン教育には「この方法」がある、
ここまでに気づきました。
これは名古屋市立大学での「色彩論」をすべてMac上に置き換え、
Apple銀座でも「デジタル色彩論」を話したことがあります。
確かに、アナログ的に、様々な画材を使いこなすことは
私には身体的にも40年も慣れしたしんできましたが、
デジタルスケッチしかも新しいスタイラスペン先が身体化しました。
アナログスケッチにはスピードライ・マーカーが最適でしたが、
デジタルスケッチでは、レイヤーの気づき方とスタイラスでは、
様々なペン筆跡の膨大な組み合わせを身体化するだけだと思います。
いづれ、私のデジタルスケッチ、そのトレーニング基本を
これからのデザインスケッチ技法として紹介するつもりです。


「iPad-SkechBookPro カラーマネージメント」


tag: Apple銀座, iPad, NHK国際, アナログ, アナログスケッチ, アプリケーション, スケッチ, スタイラス, スタイラス先端, スピードライマーカー, ダヴィンチ, デザインスケッチ技法, デザイン教育, デジタルスケッチ, デジタル色彩論, トレーニング基本, フィット感, ペン筆跡, ボールペン, レイヤー, 円形, 場面撮影, 弘法, 弘法筆を選ばず, 指先, , 画材, 画材無し, 筆記具, 自作, 色彩論, 身体, 透明プラスチック, 鉄ペン, 静電対応


目次を見る

2 Responses to “『iPadでのスタイラス先端が新たなペン先になった』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:39 AM on 5月 4th, 2016

    [...] *『iPadでのスタイラス先端が新たなペン先になった』 *『iPadでのスタイラス先端が新たなペン先になった』 *artgene blog『デジタルペンその1』 *artgene blog『デジタルペンその2』 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:36 AM on 8月 16th, 2017

    [...] * 「ボールペンスケッチのためのモレスキン」 * 『iPadでのスタイラス先端が新たなペン先になった』 tag: 100円ショップ, Apple Pencil, Japanese Style, OEM, PAD, Padパソコン, φ14mm, φ7.5mm, [...]


This entry was posted on 月曜日, 2月 23rd, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.