kazuo kawasaki's official blog

『1949.2.26日から生きている=死んでいく私』




私が交通被災に遭って車イス生活になったのが、28歳の時でした。
半年、救急病院で手術をし、転院してリハビリを受けました。
その病院で、統計データを見せた担当医は、私に、
「データ上では、確実に、40歳までが君の寿命」と言われました。
(こんなことを患者に伝える、お前はバカか!・・・)
それなら、いち早くこの病院を出ようと、
たとえ熱があっても体温計をゴマかしてリハビリ訓練をしました。
私の予測道理に米国のベトナム戦争傷兵脊髄損傷者の訓練で、
半年でリハビリ病院を出て、赤坂でデザインスタジオを開設、
しかし、父の命令で福井に帰り、40歳までをと・・・
気づいたら40歳になり、運良く毎日デザイン賞を受賞していました。
(あの嘘つきドクター!)と思っているどころか、
47歳で逝ってしまった母を考えて、47歳で大学人になりました。
2049年には100歳ですが、2050年以後の予測までを読んでいます。
66歳になってしまった私ですが、
やり残していることは、まず、デザイナーとしてやり遂げたい、
したがって、大阪大学を退官時の作品集「川崎和男Design」を出版。
出版社には、とんでもない、もう一冊作品集を出すと言っています。
結局、大阪大学大学院医学系研究科に転籍して、
今春からは正式に「コンシリエンスデザイン寄附講座」を新設です。
3.11の復興、範原発(脱原発は論理・言語論としても間違い)、
南海トラフ対策、そして2020年の東京オリンピックは観たい、
これが生きている=死んでいく私のとりあえず2050年までの計画です。
生まれて生きていくのは死んでいくことを明確に認識しています。
66歳ゆえに時間の体感経過速度はあっというほど光陰矢のごとし、
当然です。
66歳ともなれば、一年は66分の一で過ぎ去ります。
恩師は93歳で逝かれました。100歳を約束しました。
真正面で死を見つめて、それも3度も観てきた経験がありますが、
これから66分の一で過ぎ去る一年間にやれるだけやるだけです。


tag: 100歳, 2049年, 2050年, 3.11, 40歳, 47歳, 66分の一, 66歳, 93歳, コンシリエンスデザイン, ベトナム戦争, リハビリ, 交通被災, 体感経過速度, 体温計, 作品集, 傷兵脊髄損傷者, 南海トラフ, 大学人, 大阪大学, 大阪大学大学院医学系研究科, 寄附講座, 寿命, 川崎和男Design, 復興, 恩師, 患者, 手術, 担当医, 救急病院, 東京オリンピック, 死んでいく, 毎日デザイン賞, , 生きていく, 病院, 福井, 範原発, 統計データ, 脱原発, 赤坂, 車イス, 転院


目次を見る

One Response to “『1949.2.26日から生きている=死んでいく私』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:26 AM on 10月 11th, 2016

    [...] * 『忘れた頃にを想定内に!』 * 『1949.2.26日から生きている=死んでいく私』 * 「一極集中・東京が引き込んだ失策」 [...]


This entry was posted on 木曜日, 2月 26th, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.