kazuo kawasaki's official blog

『JBL4343のメインテナンスは5.5回目、まだ10年はOKとか』




自宅には各部屋毎にオーディオ装置をシステム化しています。
私のオーディオ空間には、音像と音場を配備することにしています。
特にそのメインである音像空間にはJBL4343であり、
JBL4343の正面ブルーバッフルではありません。
この4Wayスピーカーシステムは、なんといっても、
オーディオからデザイナーになっていった私には不可欠のモノです。
東芝で、JBLのスピーカーユニットは相当にコイルや特に、
アルニコとフェライトの保持力などは若い頃には鍛えられました。
特に、JBLのコイルの巻き方を見ると、コレは絶対に超えられない、
というのが、私の率直な感想を今も引きずってきました。
フリーランスデザイナーになって、最初に無理して購入した
このJBL4343は私の車イス生活でのデザイン活動の傍らにありました。
それだけに、おそらくこれが私の人生で最期のメインテナンスです。
ところが、もう修繕を含んだメインテナンスであり、
スピーカーユニットのエッジはウレタンから一新されてしまいました。
ようやく、その専門家を見つけて、アッテネーター清掃から、
新たなエッジ貼りを試みてもらっています。
アンプジラのパワーアンプの力量は私が最も認めているのですが、
この作家も逝ってしまいましたが、これ以上の組み合わせは、
絶対に無いとすら思っています。
前回のメインテナンスもプロ中のプロだった形跡を初めて見ました。
今回のプロの方も、エンクロージャー(スピーカーBOX)と
ユニットの留め方を見てこんな手法だったのですかと言われました。
メインテナンスが終われば、私はまた布団でくるんで、
ホワイトノイズから、ベース、ピアノ、ヴァイオリン、などで、
また新たな「私の音づくり」をしていくつもりです。
確認するのはボロディンであり、
ブライアン・ブロンバーグの低音だと今は思い込んでいます。
メインテナンス後には、私の「音づくり」を書き残すつもりです。
 


tag: 4Way, JBL, JBL4343, アッテネーター, アンプジラ, ウレタン, エッジ貼り, エンクロージャー, オーディオ空間, オーディオ装置, コイル, システム化, スピーカーBOX, スピーカーシステム, スピーカーユニット, パワーアンプ, ブライアン・ブロンバーグ、ボロディン、音づくり、ホワイトノイズ, ブルーバッフル, 人生で最期, 低音, 巻き方, 最期, 自宅, 部屋毎, 音像, 音像空間, 音場


目次を見る

One Response to “『JBL4343のメインテナンスは5.5回目、まだ10年はOKとか』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:35 AM on 7月 17th, 2017

    [...] * 「『国際文具・紙製品展』と『DESIGN TOKYO』展」 * 『JBL4343のメインテナンスは5.5回目、まだ10年はOKとか』 * 「SZ-1000・私のオーディオ最終作だから」 [...]


This entry was posted on 水曜日, 3月 18th, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.