kazuo kawasaki's official blog

『日本で商品展開が不可能だったカーデザイン』




私の教え子でカーデザイナーのインハウスデザイナーは、
すべての教え子が企業留学をしました。
カーデザイナーでもすべてエクステリアデザイナー達です。
私も一応、男の子感覚で車所有にはある拘りがありました。
ともかく、左ハンドルでなければ車イス使用には無理です。
また、海外メーカーではすでに車イス仕様車もあるのですが、
日本に輸入ができない、そんな仕来りが未だに残っています。
何度か、試みましたがこのほぼ私には既得権保護はおかしいのです。
すでに、自分用はSL500を改善して使ってきましたが、
おそらく、自分の生涯では最期の車種を選んできました。
そんなおりに、これは!と思っていた車種が日本展開が無理だった、
そのスケッチとレンダリングを見ました。
私にとって、カーデザインのスケッチやラフレンダリングは、
スケッチ技法を教える最適な手本だと思っています。
そして、これまではスピードライマーカースケッチでしたが、
今や、Padでのデジタルスケッチが可能になってきました。
このデザイン技能にも私はほとんどこれまでの技能の展開をすべく、
Padのアプリケーションやスタイラス選びをしてきましたが、
もうほとんど、スタイラスも進化をしてきて、
どのスタイラスであれ、使いこなすことが可能になっています。
それは特に、私自身がデジタルスケッチ技法を教えたいからです。
おそらく、これから、カーデザインの進化が激変するでしょう。
しかし、日本で展開が不可能だったというこの車種の
スケッチは実に見事でしたが、デジタルレンダリングは下手でした。
宣伝になるので、これ以上を見せるわけにはいきません。
が、あの車種とスケッチと分かる人には、この車種は明らかです。
ともかく、自分の車を決めるにあたっても、
デジタルスケッチまで見てみたいと思っている次第です。


tag: PAD, SL500, アプリケーション, インハウスデザイナー, エクステリアデザイナー, カーデザイナー, スケッチ, スケッチ技法, スタイラス, デジタルスケッチ, デジタルレンダリング, ラフレンダリング, レンダリング, 企業留学, 左ハンドル, 拘り, 教え子, 既得権保護, 最期の車種, 海外メーカー, 男の子, 車イス仕様車, 車イス使用, 車所有, 車種, 輸入


目次を見る

2 Responses to “『日本で商品展開が不可能だったカーデザイン』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 9月 14th, 2017

    [...] ました。 名古屋時代にはまたとんでもない車遍歴をしたのです。 * 『日本で商品展開が不可能だったカーデザイン』 * 『生涯最後の車の選定は楽しくもあり、悲しくもある』 *  [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 9月 15th, 2017

    [...] 修士課程で学ばせて車メーカーから企業留学を全員させました。 * 『日本で商品展開が不可能だったカーデザイン』 * 『「福祉車両」とは決して言ってはいけない車』 * 『白い [...]


This entry was posted on 金曜日, 3月 27th, 2015 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.