kazuo kawasaki's official blog

4月11日川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



4月11日 赤口(丁巳)

喧嘩相手には、
日常的な相手と
非日常的な相手がいる。

さらに、
社会的でしかも売国奴と覚しき
その喧嘩相手には

遺憾なく、ある種の非暴力性ある
手段が必要だとさえ考える。



川崎和男「喧嘩道」


tag: 喧嘩, 川崎和男のデザイン金言, 手段, 非暴力性


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 土曜日, 4月 11th, 2015 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.