kazuo kawasaki's official blog

『乞食=こつじきの地になってならない! 造形美の神社』





日本の建築で最も造形力を技術と技能で最高のモノは、
わが故郷にあります。そして知られていないことこそ素晴らしい。
正直、私が故郷に帰ってから、確かに越前和紙産地に通っていた頃、
この神社が凄いとは感じていなかったことも告白しておきます。
少なからず私は美大出のデザイナーです。
さらに祖父は最後の宮大工の大棟梁でしたから、残された巻物から
多少残されていた図面を教わるべきであり、
蔵の中の物品も私は幼い頃には、
ほとんどいたずらで壊してばかりいたようです。
また、越前和紙は日本に紙技の開祖の里ですが、ユネスコ認定も
受けていないのです。文科省の役所仕事の美的歴史性をもう一度、
私は喧嘩を売っておきます。
伝統工芸の産地の残し方は根本的に間違っています。
私は自分の知識学識経験とその論理で改革を望みます。
地方の時代というなら、その地方の伝統と革新こそ、
行政が最も的確にねらうべきことであり、それは美学的胆識です。
話がはずれましたが、大瀧神社と岡太神社は日本建築ではこれ以上の
木造建築は無く、何層にも重なる屋根には苔で覆われています。
この建築は、永平寺の勅使門も手掛けた大久保勘左衛門であり、
彼のことも徹底的に私は調べ上げて、今後、福井の建築は、
絶対にこれを超えるべきだと主張もしています。
結局私はこの建築に対抗するモノは自分が建てようと考えています。
後世に「生きた証」というのは、作品です。
そうなればデザイナーとして、当然それは義務だと考えています。
この神社がある地は観光地にはなっていません。それが大切です。
私の持論は「観光産業は乞食(こつじき)産業であり、
真のサービス、つまりリゾート産業とは異なると主張しています。
なぜなら、リゾート産業とは、
「何度も通える保養地」産業でなければならないのです。
そういう意味では、紙漉きの源流のこの神社造形と自然にこそ、
リゾート性が美学的に整っています。


tag: こつじき, ユネスコ認定, リゾート産業, 乞食, 伝統工芸, 何度も通える保養地, 作品, 勅使門, 図面, 大久保勘左衛門, 大棟梁, 大瀧神社, 学識, 宮大工, 岡太神社, 巻物, 建築, 技能, 技術, 改革, 故郷, 文科省, 木造建築, 永平寺, 源流, 生きた証, 産地, 知識, 神社, 神社造形, 紙漉き, 経験, 美学的, 義務, 胆識, , 観光地, 観光産業, 論理, 越前和紙, 造形, 開祖の里


目次を見る

One Response to “『乞食=こつじきの地になってならない! 造形美の神社』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    11:36 PM on 6月 19th, 2016

    [...] *『難問解決の大ヒントは「素材」開発デザインの美です』 *『乞食=こつじきの地になってならない! 造形美の神社』 tag: argument, concept, concept発想, LINE, seduce, SNS, someone, story, アフォーダンス, [...]


This entry was posted on 日曜日, 4月 12th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.