kazuo kawasaki's official blog

『日本戦略は二つある。3D-Printerと3D-Printing』






INTERMOLD 2015=金型展・金属プレス加工技術展で特別講演をします。
今年に入ってからの私の講演テーマでは、
必ず「コンシリエンスデザイン」を基軸に話をしています。
最大の理由は、世界的にも学術と芸術の融合であり、
学際化は語られているほど具体的に実行されていないことと、
この学際化にはデザインがいわば接着剤になるということです。
大阪大学大学院医学系研究科に、私はこの講座を新設しました。
特に、看医工学という学際化で、二つを目標にしています。
危機解決学で安全と安心を、健康と生活での危機を産業的に解決です。
そのために、修士課程という教育と具体的な共同開発での
デザイン開発と制度デザインを果たしていくということです。
このまま博士課程になるでしょう。
こうした目標の一つとして3Dプリンターの世界観を日本戦略化する、
ということについては、機器開発・ハードウエアでの3D-Printerと
技術開発・ソフトウエアでの3D-Printingがあります。
私は、光造形をやりたいがために大学人になりました。
光造形でトポロジーをまず制作しました。クラインボトルです。
最もこれは数学的には、擬似クラインボトルですから、
これを空間論に持ち込みましたが、光造形の経験もない輩には、
未だに「トポロジー空間論なんて・・・」ですが、
3Dプリンターブームでは、この光造形が基盤ですから、そのうちに、
私の提唱が認識されるでしょう。
なぜならモノが空間論的に実証されるからです。
昨年は大阪で製造生産領域でこの話をしましたが、今年度は東京にて
コンシリエンスデザインでの特に、機能性を話すつもりです。
その理由は、デザインというと即、機能的が評価軸になりますが、
私は、この機能論が、哲学的に語られてきた機能主義からも
さらに詳細に実務、それこそ3D-Printerという製品と
3D-Printingという技術を学際化効果としてなら、
「コンシリエンスデザイン」で語れることを明らかにするつもりで

*INTERMOLD 2015
http://www.intermold.jp/seminar/sp/4/


tag: 3D Printer, 3D Printing, INTERMOLD 2015, クラインボトル, コンシリエンスデザイン, ソフトウエア, トポロジー, トポロジー空間論, ハードウエア, 修士課程, 健康, 光造形, 危機, 危機解決学, 学術, 学際, 安全, 安心, 教育, 機能, 特別講演, 生活, 産業, 目標, 看医工学, 空間論, 芸術, 融合, 解決, 講演, 講演テーマ, 金型展, 金属プレス加工展


目次を見る

2 Responses to “『日本戦略は二つある。3D-Printerと3D-Printing』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 9月 1st, 2016

    [...] 国の教え子は4名になります。 大学教授になった教え子もいます。 * 『日本戦略は二つある。3D-Printerと3D-Printing』 * 『3D-Printingで伝統工芸産地へのサーキット戦術開始』 * 『ア [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 12月 23rd, 2016

    [...] 迷ったならば、美しさあるものごとが正しい」と記述しています。 * 『日本戦略は二つある。3D-Printerと3D-Printing』 * 『三つの革命・予測は当たっていた』 * 『3D-Printingの基本に [...]


This entry was posted on 火曜日, 4月 14th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.