kazuo kawasaki's official blog

6月14日川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



6月14日 先勝(辛酉)

「出たがり」という輩が据えている。
現代は 何かと言うと、
講演だ、
ワークショップだという
そんなイベントが増えている。

ところが、
実力も無く
実績も無く、
それどころか、才能も無く、

特に
デザインを語る輩は
いづれ、成敗をしなければならいない。
が、それ以前に、
無能さを「見抜かれる」だろう!



川崎和男「喧嘩道」


tag: 実力, 川崎和男のデザイン金言, 才能


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 6月 14th, 2015 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男 「喧嘩道」. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.