kazuo kawasaki's official blog

『まだまだ進化するシャープペンシル、だが作法がない』





ある大学の教授が、筆記具使用を調べた結果、
ほとんどがシャープペンシルであり、
鉛筆使用がたった1名しかいないという記述を読みました。
私は絶対に鉛筆派であり、
意識してシャープペンシルを拒絶してきました。
図面であっても、鉛筆にずーっと拘ってきました。
鉛筆を削ることと墨をすること、
これは私にとって文房具の存在意義と考えてきた根拠です。
ところがまったく削らずに使えるとか、0.5mm以下まで登場すると、
シャープペンシルルに興味がわきました。
シャープペンシルの存在意義は格段になってきたようです。
そして、とうとうあの細いペンシル芯が折れない、とまでなると、
<ホント?〜>となって、自分でも使い始めてしまいました。
シャープペンシルを日本で最初に使った大名や、
それが元来は鉛筆からの発想や、
シャープペンシルと鉛筆の歴史的な競合研鑽ともなれば、
もはやシャープペンシルは見過ごせない存在になりました。
海外からのゲストや海外出張時のお土産には、
私は必ず日本の文房具を持って行き、
「日本の具体的な素晴らしさ」をさも、自分が開発者のごとく、
自慢げに話ができるものであり、大絶賛を受けるのです。
おそらくここからまた新たなシャープペンシルが進歩していくでしょう。
それこそ、
日本ならではの文房具技術の革新を生み出していくこと明らかです。
そこで、私なりには、
シャープペンシルの技術進化は
もっと文具の「作法」として成し遂げる文化があるでしょう。
現在のシャープペンシルには、技術だけからの解放を求めます。
ともかく、シャープペンシルには
デザインの勘違いが未だにあることは明らかですが、
それでもこの進化結果は
次世代のペン文具を想像させることは間違いないでしょう。


tag: お土産, シャープペンシル, 作法, 勘違い, 大名, 存在意義, 文房具技術, 次世代, 競合研鑽, 絶賛, 自慢, 芯が折れない, 解放, 進化結果, 鉛筆, 鉛筆派, 革新


目次を見る

2 Responses to “『まだまだ進化するシャープペンシル、だが作法がない』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 8月 27th, 2016

    [...] 。 もう充分に生涯のスケッチブックは出来上がっています。 * 『まだまだ進化するシャープペンシル、だが作法がない』 * 『書く事のモノは最初から進化を続けている』 * 『モ [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 10月 9th, 2016

    [...] りスケッチペンは発想の文房具だと強く主張しておきます。 * 『まだまだ進化するシャープペンシル、だが作法がない』 * 『書く事のモノは最初から進化を続けている』 * 「プ [...]


This entry was posted on 水曜日, 7月 1st, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.