kazuo kawasaki's official blog

『コンシリエンスデザイン看医工学の危機解決対象・MERS』





私はこの4月から阪大院の医学系研究科に、
「コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座」を設立し、
デザインをコンシリエンスデザインに拡張し、
危機解決学としての看医工学へのデザイン導入を始めています。
ようやく、コンシリエンスデザイン看医工学は、
昨年に看護理工学会への論文も学会誌に掲載されました。
基本は、東日本大震災に復興や危機管理工学では、
とても危機解決にはつながらないという一心で
工学研究科から医学系研究科に開設しました。
気候異変と感染症増大に対して、
すでに抗体エンジニアリングが登場しながら、
この領域にこそデザイン主導を行うべきと考えて設置した途端に、
隣国の韓国では「MERS」=中東呼吸器症候群が2012年に発見、
この感染症が上陸流行して大変な事態になってしまいました。
2003年に流行した重症急性呼吸器症候群、
「SARS」もコロナウィルスが原因ですが、全く別物であり、
この対症治療方法は見つかっていません。
北朝鮮が万能薬を創薬したなどというのを聞くと、
どうしたものか、あの国家は?と思ってしまいます。
今、コンシリエンスデザインの対象は看医工学という、
これまでの医工連携+デザイン+看護学+保健学です。
また、阪大の伝統である免疫デザイン保健学までが
明確な目標になってきました。
たどり着いているのは「完全無菌」と「抗体保健」という、
無菌化を図れば図るほど、人体は弱体化、
この矛盾にコンシリエンスデザインで
危機解決学の構築が目標となってきました。
この目標に向かって、
MERSもSARSもきわめてデザインが対決していく
新たな免疫デザイン保健学を
構築していく実務になると私は考えています。
これから次世代デザイナーには、
この領域での専門家をめざしてほしいと思っています。


tag: MERS, SARS, コロナウィルス, コンシリエンスデザイン, コンシリエンスデザイン看医工学寄付講座, 万能薬, 中東呼吸器症候群, 保健, 免疫, 医学系研究科, 医工連携, 危機管理工学, 危機解決, 完全無菌, 対症治療, 弱体, 感染症増大, 抗体エンジニアリング, 抗体保健, 東日本大震災, 次世代デザイナー, 気候異変, 無菌, 看医工学, 看護, 看護理工学会, 重症急性呼吸器症候群


目次を見る

One Response to “『コンシリエンスデザイン看医工学の危機解決対象・MERS』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 4月 26th, 2016

    [...] ラシリエンスデザインでのプライミング効果を狙っています。 *『コンシリエンスデザイン看医工学の危機解決対象・MERS』 *『何がデザイン思考かは終わったのだ』 *『安全と安心・ [...]


This entry was posted on 木曜日, 7月 2nd, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.