kazuo kawasaki's official blog

『映像と音像を変えるHDMIケーブルの進化』





HDMIケーブルの進化は着実に進んでいます。
しかし、このことを詳細に検証したレポートを私は知りません。
自宅のTVが4Kになり、おそらくありえない配線を駆使して、
7.1chを実現しています。
そこで、HDMIケーブルも試しに4K用に代えてみたところ、
画像と音質が変わりました。
当然、現在のプレゼンテーションはMacからHDMIケーブルを使用。
そこで、このケーブルも替えてみましたところ、
画質は向上し、音質もよくなってきています。
オーディオ育ちの私には、スピーカーシステム用のコードも
それなりに選んでいますが、無論、否定派もいますが、
それはスピーカーでも何をつかっているかということになります。
当然、RCAコードもそれなりの品質が要求されていることは
試聴してみればすぐにわかることです。
正直、実際は老化により、左右耳聴覚には差が出てきていますが、
それは機械式の腕時計の音で簡単に確かめることができます。
そして最近はHDMIコードがどれほど良くなっているかということが
評論されていませんが、すでにWiFi環境では、
スピーカーコードも不要になってきていますが、
むしろ、ホームシアターとして、オーディオビジュアルをと考えれば、
TV映像は音楽コンサートとムービーは絶対にコントロールアンプで
音質を変えるべきだと思っています。
今では安易なスピーカーは、単なる拡大器でしかないモノもあり、
スピーカーシステムで周波数特性表も無いモノが氾濫しています。
それだけに、HDMIケーブルで映像と音像が変わるという事実は
見逃されていることは確かです。
多分、私も自宅での4K映像とオーディオシステムは、
スピーカーシステムも、さらにプリアンプ、メインアンプだけから
コントロールアンプ自体の新しい考え方が、次の三つで変革が必要です。
USB HDMI WiFi、この三つは確実に進化しています。


tag: 4K, 4K映像, 7.1ch, HDMI, mac, RCA, TV, TV映像, USB, WiFi, オーディオ, オーディオビジュアル, コントロールアンプ, コード, スピーカー, スピーカーコード, スピーカーシステム, プリアンプ, プレぜンテーション, ホームシアター, ムービー, メインアンプ, モノ, レポート, 事実, 向上, 周波数特性, 品質, 実現, 左右耳聴覚, 拡大器, 検証, 機械式, 氾濫, 環境, 画像, 老化, 腕時計, 自宅, 要求, 評論, 試聴, 詳細, 進化, 配線, 音像, 音楽コンサート, 音質


目次を見る

One Response to “『映像と音像を変えるHDMIケーブルの進化』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:09 AM on 5月 11th, 2017

    [...] * 『整理したTVオーディオ環境のスピーカーシステム』 * 『映像と音像を変えるHDMIケーブルの進化』 * 「PC端子は進化しているだろうか?」   tag: apple, Lighting, RC232, Type, [...]


This entry was posted on 火曜日, 8月 4th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.