kazuo kawasaki's official blog

『音楽が終わった宣言は現代最も明確なデジタル改革論』





1980年、ジョンレノンが暗殺されました。
私は自分の青春を終えて福井に帰郷することを決めた一つの原因でした。
その時まだ大学人でもなかった私は新設された「日本記号学会」に入会。
以後大学人になってから色々と学会員になりましたが、
一旦、阪大退官時にはできる限りの学会員を辞めました。
しかし、今なお「日本記号学会」には入っています。
記号論・記号学は「意味すること」・「意味されること」を
あらゆる学問領域で扱われているおそらく最も学際的な学会です。
この学会誌が、とうとうこの結論を出してしまいました。
それはデジタル表現での大きな結論です。
「音楽が終わった」というのはセンセーショナルな問題ではなく、
それこそ、音楽という表現がデジタルで、
表現物を作品=内実的概要と、表現物の作家=外実的概要を、
「音楽」に喩えただけのことです。
それこそ、オリンピックとアスリート、スタジアム建築の問題、
さらには背景がすっかりギルド化された中での稚拙なエンブレムなど、
デザイン作品の内実性とデザイナーという外実性も同様です。
要は、21世紀に完結=終わってしまっているから、
単なる商売的なギルド感覚での資本主義体制にも決着が必要なのです。
この結論から、新たな21世紀の音楽から、スポーツと商売も、
デザインと商売、この商売感覚からの離脱決意を促しているのです。
この論理思考を記号学では「音楽」に喩えただけのことだと考えます。
要は、デジタルという文明は、
もはやこれまでの音楽・美術・芸術・スポーツ、そしてデザインも
デジタルで大変革しなければその解答はまだまだ不明だということです。
オリンピックをデザイン・建築で演出することの時代が、
まだ、商業主義的見栄の国家表現を停止すべきです。
明言すれば、もう音楽は作品も音楽家も不要なのです。
同様に商業主義に包まれたアスリートもオリンピックも不要、
さすれば、デザインもこれまでからの脱却論を開始すべきなのです。  


tag: 21世紀, アスリート, エンブレム, オリンピック, ギルド, スタジアム, スポーツ, センセーショナル, デザイナー, デジタル, 不明, 不要, 作品, 作家, 停止, 入会, 内実性, 内実的概要, 原因, 商売的, 問題, 喩え, 国家表現, 変革, 外実性, 外実的概要, 大学人, 学会, 学会誌, 学問領域, 学際的, 完結, 帰郷, 建築, 必要, 意味されること, 意味すること, 感覚, 文明, 明言, 時代, 決着, 演出, 福井, 稚拙, 結論, 美術, 背景, 脱却論, 芸術, 表現, 表現物, 見栄, 解答, 記号, 記号学, 記号論, 設立, 論理思考, 資本主義体制, 退官, 開始, 阪大, 離脱, 青春, 音楽


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 8月 5th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.