kazuo kawasaki's official blog

『毎夏、再自覚決心の日』





子供の頃から、ヒロシマ・ナガサキは正直よく分かりませんでした。
修学旅行でヒロシマ原爆記念館に行ったときも、
歴史の一コマ見学でしかなかった気がしています。
しかし、留学生をインドから受け入れたときに、
彼女が「パキスタンにインドは原爆実験で勝った」と聞いた瞬間、
私はなぜか激怒し、彼女を広島と長崎に行かせました。
帰ってきた彼女はその小旅行の経験を話して大泣きしました。
それが日本留学=インドのデザイン官僚としての最大経験でした。
ところが伯父(母の兄)から、ある日手紙が来ました。
伯父は80歳傘寿になって、
「自分は徴兵、広島で郵便兵のとき被爆し、被爆手帳を持っている。
元気で暮らしてきたがこれまで誰にも言わずに生きてきました」と。
その伯父と私は親戚でも容貌が似ていると言われてきましたが、
私は被爆者である事を隠さないと生きてこられなかった伯父を
改めて敬愛しました。彼は高卒ながら有名大企業の社長室長までを
自力で成し遂げただけに、凄い人と思っていました。
ところが、これほど身近に被爆経験者でありなおかつ80歳まで
隠して生きてきた伯父の気持ちを想うとさらに尊敬を深めました。
「被爆者であることを隠さないと結婚もできなかった」らしいのです。
父は七年半、青春を戦争従軍で終わりながらも、
伯父が被爆者だとは知らなかったはずです。
私は、終戦となるためにふるさと福井も徹底的に空爆被害をうけ、
敗戦をするにはどれだけの人命が失われてきたかを受け止めています。
毎夏、私たちはこの日、多くの人命を失った敗戦事実を
受け継いでいくことを再決意しなければならないでしょう。
ヒロシマ・ナガサキ、そしてさらにフクシマの被爆体験こそ、
日本人であるアイデンティティを「平和」に差し出す能力だと考えます。
「決して戦争をしない民族」という理性的人間である自覚こそ、
それが日本人だと確認することが出来ます。




tag: インド, ナガサキ, パキスタン, ヒロシマ, フクシマ, 事実, 人命, 人間, 企業, 伯父, 修学旅行, 傘寿, 元気, 凄い, 原爆, , 子供, 官僚, 実験, 室長, 容貌, 尊敬, 平和, 従軍, 徴兵, 徹底的, 戦争, 手帳, 手紙, 敗戦, 敬愛, 旅行, 最大, 有名, 正直, 歴史, 民族, 決意, 泣き, 激怒, 理性的, 留学生, 瞬間, 確認, 社長, 福井, 空爆, 終戦, 経験, 結婚, 能力, 自力, 自覚, 被害, 被曝, 見学, 親戚, 記念館, 身近, 郵便, 青春, 高卒


目次を見る

4 Responses to “『毎夏、再自覚決心の日』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 4月 27th, 2016

    [...] 来的な地球環境と人類存続を デザインしていく義務さえあるということです。 *『毎夏、再自覚決心の日』 *『ふだん・忘れた頃に、まさか・想定外はありえない』 *『国土強靭化計 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:45 AM on 5月 20th, 2016

    [...] *『オーディオ界で出逢った新技術と二人のエンジニア』 *『毎夏、再自覚決心の日』 *『やっぱり、なぜこれほど落ち着くのだろう』 [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:12 AM on 5月 2nd, 2017

    [...] * 「モダンデザインへ、ロシア・アヴァンギャルドから」 * 『毎夏、再自覚決心の日』 * 『経緯が敬意に、形態言語から自分の造形言語化を』 [...]

  4. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:22 AM on 6月 29th, 2017

    [...] * 「神の国は、アジアを開放したということ。」 * 『毎夏、再自覚決心の日』 * 「暗号解読の論理演算からコンピューターが始まった」 tag: 3.11, [...]


This entry was posted on 金曜日, 8月 7th, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.