kazuo kawasaki's official blog

12月02日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



12月02日 赤口(壬子)


日本人が発想出来ない民族であること、
それには
二つの実例を私は体験している。

・「ブーム」流行を常に意識し、
その流行に自分をいつも沿わせてしまう。
・革新者の側に居て、
さも、自分が革新者という勘違いが多い。

私はこの実例者を一杯知っている。



川崎和男の発想表現手法


tag: ブーム, 体験, 勘違い, 実例, 川崎和男のデザイン金言, 意識, 日本人, 民族, 流行, 発想, 自分, 革新者


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 12月 2nd, 2015 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男の発想表現手法. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.