kazuo kawasaki's official blog

12月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



12月15日 先負(乙丑)


「一石を投じるべき」か?

そう思いますが、
どれほど、製品アイディアをつくし、
商品化に至らずとも
「美しいデザイン」の作品は
すでに出版された「著作権」があります。

しかし、
発想を法的制度よりも
重大なことは
モラルの問題だとかんがることが
「発想」の根本であるべきだ!



川崎和男の発想表現手法


tag: アイディア, デザイン, モラル, 一石, 作品, 出版, 商品化, 問題, 川崎和男のデザイン金言, 根本, 法的制度, 発想, 美しい, 著作権, 製品, 重大


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 火曜日, 12月 15th, 2015 at 12:00 AM and is filed under APHORISM, 川崎和男の発想表現手法. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.