kazuo kawasaki's official blog

『研究室のMac環境は最高性能の自分デザイン』





私の大阪大学吹田キャンパスにある研究室、
そのデスク上にあるMac環境システム装置です。
モニターもキーボードも私自身のデザインであり、
商品化されている商品として、
これ以上の商品性能とデザインは無いでしょう。
このコンピュータ・モニターはすでに販売はされていませんが、
現在もこれ以上にスペックをもったモニターは存在していません。
このモニターは当時、エンジニアが技術上「これ以上はありえない」という
その性能パフォーマンスをすべて商品化させることを条件にしました。
そして、この技術とその表現=デザイン=問題解決が果たした結果、
未だにこの商品を超えたモノはまったく存在していないということであり、
私の研究室ではすべてこのモニター主体になっています。
キーボードも平面であり、これ以上のキーボードも存在していないのです。
モニター・キーボードの性能性がここまでであれば、
MacもSPも、さらにBluetoothの電話も、iPhoneと直結しています。
当然ながら、製図台も今ではもうあり得ないドラフターは、
二台を私用ながら置いています。
正直、製図台はインテリア要素になってしまっていますが、
製図・ドラフターとしての調整は正確無比に常にしてあります。
いずれ、退任したなら自宅にはこのドラフターで手描きで
ドラフトやレンダリングをしたい!という要求は消えていません。
もっともそのときには、このドラフターサイズのパッドで、
スタイラスで絵画から図面までができるようになっているかも知れません。
本来、私の研究室は壁面には水が流れているはずでした。
それは電磁波=2.4GHz or 5.0GHz、Bluetoothを遮断するつもりでした。
しかし、文科省では無理でしたが、
それでも国立大でここまでの研究室はありえないと思います。
私は研究室には一切書籍を必要以外は持ち込まないことにしています。
大学では読書はしないことが基本です。
書籍データを必要とするなら、それは別室でやるべきです。
大学人の研究室の平面が書棚になっているのは、
すでにそのような書籍に取り囲まれているのが「教授」ということ自体、
大学人のクールさを私は放棄していると思っています。
幸いに、私は工業デザイナーなので、
モニターとキーボード、そしてメガネが自分デザインであるという
これは大きな幸運でした。
名古屋市立大学時代は、メルクリン・鉄道Zゲージがありましたが、
現在の研究室には、趣味であるオーディオ装置が置いてあるだけです。


tag: 2.4GHz, 5.0GHz, Bluetooth, iPhone, mac, Mac環境システム装置, SP, インテリア要素, エンジニア, オーディオ装置, キーボード, クール, コンピュータ・モニター, スタイラス, スペック, デザイン, デスク, ドラフター, ドラフト, パッド, メガネ, メルクリン, モニター, モノ, レンダリング, 主体, 事態, 別室, 名古屋市立大学, 吹田キャンパス, 商品, 商品化, 商品性能, 問題解決, 図面, 国立大, 基本, 壁面, 大学人, 大阪大学, 存在, 工業デザイナー, 平面, 幸運, 当然, 性能パフォーマンス, 性能性, 手描き, 放棄, 教授, 文科省, 書棚, 書籍, 書籍データ, 条件, 正確無比, , 無理, 現在, 直結, 研究室, 私用, 結果, 絵画, 自分デザイン, 自宅, 表現, 製図, 製図台, 要求, 読書, 調整, 販売, 趣味, 退任, 遮断, 鉄道Zゲージ, 電磁波, 電話


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 12月 21st, 2015 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.