kazuo kawasaki's official blog

『象形の姿形に潜む意味の吟味』





僕は漢字の形態は、象形文字からの系譜があり、
その系譜には意味となっている姿形が潜んでいることに
深い興味があります。
また、日本人には漢字だけが象形文字というのは
大きな勘違いであり、
アルファベットもヒエログラフに至る象形文字の歴史があります。
したがって、僕は自分のデザイン活動や論理の見直しでは
常に文字を見ます。
特に、気になっている文字は、漢字が略形化されてしまって、
象形の姿形が無く、
伝達の記号になっているのは残念でたまりません。
中国語などでは、実際、中国語自体など在るわけがなく、
漢語に区分されるとともに地域語があるにすぎません。
それは地域ごとに文化がまるで異なっていること、
これは価値感に繋がっていることは間違いありません。
そしてこれは漢語の原語である象形文字の姿形が異なってしまうことです。
そういう意味では、僕は日本語の漢字について、
視覚的な伝達、たとえば高速道路などの略字は認めますが、
本来の略字化についてはとても気になっています。
特に、芸術の芸と藝については、
やはり藝術であるべきであり、工芸は工藝だと思っています。
僕はいくつかの漢字については、象形文字への系譜として
意味が含まれている姿形そのままを生かしていきたい、
その期待観は常に持っていたいと考えています。
代表例では「医学」が今では「醫学」という漢字であったことが
忘れられていることです。
「医」と「醫」では全く意味が異なってしまうことに違和感があります。
おそらく、このように感じているのは僕ぐらいかもしれませんが、
「医学」と「醫学」では全く異なってしまうことです。
明らかに「醫」には薬の瓶までがその姿形にあることや、
「医」のように巫女が弓矢を引くという占い部位が無いことです。
「醫」には癒やしていくという意味が姿形にある象形文字であることです。
文字には表意文字と表音文字というのでは、
アルファベットが表音文字という短絡な分類よりも
僕はヒエログラフとしての象形文字だったことが大事だと思っています。
僕は中国人や中国語が統一のために単略化されたことが
実は歴史上でも偉大な文化を失っているように
あえてもう一度僕は漢字が略字化されることには象形の姿形を再考、
その重大性を書き残したいと考えています。
特に、象形の姿形をサイン=記号化するのはデザインにとって、
とても重大なことだと考えています。


tag: アルファベット, サイン, デザイン, デザイン活動, ヒエログラフ, 中国人, 中国語, 代表例, 伝達, 価値感, 偉大, 再考, 分類, 勘違い, , 医学, 原語, 地域語, 姿形, 工芸, 工藝, 巫女, 弓矢, 形態, 意味, 文化, 文字, 日本人, 日本語, 期待観, 歴史, 残念, 漢字, 漢語, , 略字, 略形化, 癒やし, 短絡, 系譜, 統一, 興味, , 芸術, , , 表意文字, 表音文字, 見直し, 視覚的, 記号, 記号化, 論理, 象形, 象形文字, 違和感, , 醫学, 重大, 重大性


目次を見る

One Response to “『象形の姿形に潜む意味の吟味』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:12 AM on 1月 4th, 2017

    [...] * 「松岡正剛『ち』の根源=漢意による決定」 * 『象形の姿形に潜む意味の吟味』 * 『思考の「考」は思うことを経験が判断する』 [...]


This entry was posted on 木曜日, 1月 14th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.