kazuo kawasaki's official blog

『乳牛は決して美味しいミルクを絞り出すわけではない』





「牛乳」はミルクです。
「乳牛」はミルクを出してくれる牛のことです。
「牛乳」はすべて美味いわけではありません。つまり、
「乳牛」だからと言って、美味しいミルクを出すわけではありません。
ともかく、乳牛のような職能という喩え話がとても可能です。
それこそ建築家やイラストレーター、グラフィックデザイナーを
まさしく乳牛とするなら、彼らは建築を建て、イラストを、グラフィックを
乳牛としてミルクにすることができます。
果たして、それが美味しいミルクかどうかは不明だと断言します。
ところが、
デザイン=ミルクを出すと思い込んでいるクライアントが多すぎます。
これが電車?これが美術館?このことにも気づかない?が氾濫しています。
乳牛のような職能からのミルクは、
あたかもミルクっぽく見えて、それなりの評価を受けます。
クライアントは大満足しているのです。
このようなまずいミルク=下手くそなデザインに大満足している、
そんなクライアント=企業家が増殖しているのは間違いありません。
40余年デザイナーとして、私は私なりの倫理観で自分のデザインを
それこそ
デザイン=美味しいミルクにするデザイナー=乳牛を目指しました。
だから、なぜそこまで自信たっぷりに、
「こんな不味いミルク=デザインを」、
「この程度のデザイナー=乳牛などいらない」と、
それこそ、断言を惜しまず、結果、喧嘩別れなど平気に生きてきました。
それは反面、自分のデザイン=ミルクを世界でトップに美味くする
自分に課した「使命」だったからです。
毎年、昨年はこれほど我慢したのだから、
今年は絶対に認めがたいモノ、コトには容赦なく断言するとか言うと、
周囲は、毎年そう言って生きているのだから、
何もそうまでして「敵をつくらず」とか言われます。
が、僕は我慢に我慢をしているのです。
 ・「正直」ということ
 ・「正眼の構え」ということ
これほど実際は苦しい生き方は無いことは確かです。
「ミルクはすべてが美味いわけではない」
「乳牛のような存在だから、美味しいミルクのような」
そんな結果のミルクのようなデザインはありえません。
こうした風潮に、
わが国は狂乱した情況にあることは書き残すべきでしょう。


tag: イラスト, イラストレーター, クライアント, グラフィック, グラフィックデザイナー, コト, デザイン, ミルク, モノ, 不明, 乳牛, 今年, 企業家, 使命, 倫理観, 反面, 可能, 周囲, 喧嘩別れ, 喩え話, 増殖, 大満足, 容赦, 平気, 建築, 建築家, 情況, 我慢, , 断言, 昨年, 正直, 正眼の構え, 毎年, 氾濫, , 牛乳, 狂乱, 生き方, 美味い, 美術館, 職能, 自信, 自分, 苦しい, 評価, 電車, 風潮


目次を見る

2 Responses to “『乳牛は決して美味しいミルクを絞り出すわけではない』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 4月 18th, 2017

    [...] テーマは、 間違い無くデザインで拡大し進化するでしょう。 * 『乳牛は決して美味しいミルクを絞り出すわけではない』 * 『蜜柑の食べ比べと「蜜」という文字』 * 『水には様 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:20 AM on 7月 30th, 2017

    [...] * 『存分なデザイナー能力が性能・効能・機能を編集表現』 * 『乳牛は決して美味しいミルクを絞り出すわけではない』 * 「デザインはその発祥から政治的な政策思想だった」」 tag: B倍全, [...]


This entry was posted on 金曜日, 3月 18th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.