kazuo kawasaki's official blog

『Max Billの賞杯があったことを思い出した』





僕は自分の作品を自宅などに置いて使ったり眺めたりするタイプではなく、
置いた方がよければ、というタイプです。
しかし、最近は自分の作品どころか、デザイン賞受賞での
その賞状や賞杯を整理もしたくて
整理を始めました。
そうなってくると、私が最も気にいっている賞杯は、
ドイツの彫刻家でありデザイナーの「Max Bill」デザインです。
これは年号も調べ直すべきですが、多分、1985~1990年?
ドイツのミューゼオロジー賞をいただいたモノです。
受賞の知らせは、突然、ドイツから入り、
賞杯が「Max Bill」デザインと聞いて大喜びした思い出があります。
しかも、彼のアイディアはピタゴラスの定理であり、
自分がテーブルデザインで辿り着いていたアイディアであったことです。
この定理は、単純に、3:4:5の三角形、
正方形が各辺、9:16:25の組み合わせでした。
正直最近は、あったはずのモノなどが、
デザイン試作・モデル・作品・賞状・賞杯などは、
あるはずと悠長に構えていたら、
在るべきモノが持ち出されていて慌てています。
しかし、今、この「Max Bill」デザイン賞杯を見てちょっと安心です。
そろそろ整理すべきMacintoshのハード機器も
それなりに収集してきました。
これらの整理は、そのソフトウエアも見つかってきて
重大なひとつのアーカイブになる気がしています。
昨日は若いときに懸命になっていたLPレコード集のHP実現を知りました。
これもこれからここで紹介をしていきたいと考えています。


tag: 3:4:5, 9:16:25, HP, LPレコード, Macintosh, Max Bill, アイディア, アーカイブ, ソフトウエア, タイプ, テーブルデザイン, デザイナー, デザイン, デザイン試作, デザイン賞, ドイツ, ハード機器, ピタゴラスの定理, ミューゼオロジー賞, モデル, モノ, 三角形, 作品, 単純, 収集, 各辺, 安心, 定理, 実現, 年号, 彫刻家, 思い出, 悠長, 懸命, 整理, 最近, 正方形, 紹介, 組み合わせ, 自分, 自宅, 賞杯, 賞状, 重大


目次を見る

One Response to “『Max Billの賞杯があったことを思い出した』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 10月 4th, 2016

    [...] についてはデザイナーとして改めて書き残したいと思っています。 * 『Max Billの賞杯があったことを思い出した』 * 『伝統工芸産地を補助金漬けから開放し法律の改正が必要』 * [...]


This entry was posted on 木曜日, 3月 24th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.