kazuo kawasaki's official blog

『LPレコードのアーカイブが出来上がりつつある』





僕はオーディオのデザイナーから出発という幸運があります。
東芝では当時オーディオ専門ブランドAurexに関わり、
Aurexブランドロゴから製品開発・商品化だけではなくて
ショールームからコンサート企画、
そしてLPレコードづくりまで担当しました。
単純に担当というより、
自分で企画書を書き上げて上司を説得していました。
そんな中でも、
LPレコード企画などが東芝では通らないことはしばしば。
そんな時にはその企画を
DAM(当時最大の量販店のオーディオクラブ)に、
僕は持ち込むと同時に、 DAMから信頼も受けていたので、
TV-CFやDAM販売キャンペーンのディレクターもしていました。
無論、東芝の上司にはほぼ公認をしてもらっていました。
DAMといえば、特別高度な音質のLPレコードを出版していました。
これは当時、東芝EMIの力添えがありました。
東芝EMIで担当であった方が亡くなり、その遺言から、
DAM レコードを後世に残す話が持ち上がり、
東芝の社員であり、また45回転で超厚のレコード盤制作に
まさにはまっていたことからも、協力者の一人として参加。
DAMのLPレコードは、音質の優秀さで、有名な指揮者事務所や
有名歌手グループ事務所からなどクレームが出るほどでした。
私が直接関わったレコード盤は、
「トラックダウン=レコード製作プロセス」を知らせることで
それはオーディオ機器、カートリッジやプレーヤーシステムまでの
音質チェックになるレコード盤があり、レコードジャケットデザイナー名を
入れてもらうことで、東芝に納得をつけてもらっていました。
これはバイノーラルレコード出版につながりました。
東芝ではOKがもらえなかったのですが、
DAMでのヒットゆえに、
結局は東芝のプレミアム広報として実現しました。
かつて、オーディオでの最も正確な音質レコード盤の
アーカイブが完成しました。
アナログレコード盤としては最高のモノづくりだったので、
今では徐々にファンが増えてきています。
私はひたすら音響関係のデザイナーであればそれでいいと思っていました。
だから、今でもその思いは残っています。
大学人をリタイアしたなら、
もう一度、オーディオ機器のデザインと設計に関わりたいと考えています。
すでに、ヘッドホンアンプの設計とデザインに取りかかっています。

*「企画は必ず具現化すること」
 http://www.ouzak.co.jp/blog/?p=23523
*「ここまで粘り、あきらめないこと・・・」
 http://www.ouzak.co.jp/blog/?p=23541
*『世界でトップだったアナログ45回転レコード盤の復活』
 http://www.ouzak.co.jp/blog/?p=42369


tag: 45回転, Aurex, DAM, DAMレコード, LPレコード, OK, TV-CF, アナログレコード盤, アーカイブ, オーディオ, オーディオクラブ, オーディオ専門ブランド, オーディオ機器, カートリッジ, クレーム, コンサート企画, ショールーム, ディレクター, デザイナー, トラックダウン, バイノーラルレコード出版, ヒット, ファン, ブランドロゴ, プレミアム広報, プレーヤーシステム, ヘッドホンアンプ, モノづくり, リタイア, レコードジャケットデザイナー, レコード盤制作, レコード製作プロセス, 上司, 事務所, 企画書, 信頼, 優秀, 公認, 出版, 出発, 力添え, 協力者, 単純, 商品化, 大学人, 完成, 実現, 幸運, 当時, 後世, 担当, 指揮者, 有名, 東芝, 東芝EMI, 歌手グループ, 正確, 無論, 特別高度, 直接, 社員, 納得, 結局, 製品開発, 設計, 説得, 販売キャンペーン, 超厚, 遺言, 量販店, 音質, 音質チェック, 音質レコード盤, 音響関係


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 水曜日, 3月 30th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.