kazuo kawasaki's official blog

『コンセプト主義からの解放=デザインテクノロジスト』





デザイン発想は「コンセプト」主義に呪縛されています。
僕は、コンシリエンスデザインと看医工学を対象として、
「コンセプト主義からの解放」を
新しい手法論に持ち込んでいます。
それは、文脈と物語性、コンテクストとアフォーダンスで
「ライン」にコンセプトからストーリー発想を込めています。
この結果がつながっていくのが、
インターネットの高密度情報ネットワークの基盤化です。
ところが、これはすでに「スマートシティ」計画や
「ビッグデータ」に結びついていますが、
現在、この言葉もコンセプト、
ほぼ概念どころか観念に近く破綻しています。
これは何としてもコンシリエンスデザインの実務実績の目標です。
また、わが国の3.11での天災と人災では、その復興と対策は不可欠ですが、
国内の全大学でも、3.11を教訓として「レジリエンスデザイン」は大欠落。
僕の次世代デザイナーへの置き手紙はここに集約されなければなりません。
これらをテクノロジーで陵駕していくのは、
まさしくロボット社会ですが、
これは、人工知能的な思考に「手=脳」というアナログ性をデジタル化が
コンシリエンスデザインの最大目標だと認識しています。
そこから、このデザインの対象は
「私たちが幸福だろうか」という根本疑問があります。
この問題解決・価値創出・未来創成を創発させるのは、
「ライフケア」という新たなプライバシーと社会的な新たな制度設計です。
これらを成し遂げる次世代デザイナーは、
必ず、「コンシリエンスデザイン」を下敷きにした、
デザインテクノロジストの養成だと考えています。
インターン生・研究員を公募しています。


*『看医工学としての介護のコンシリエンスデザイン』
*『モノの神話性から物語り性がアフォーダンスを超えていた』
*『コンセプトからイノベーションは起こらない』
*『プライバシーという人権の荒唐無稽さ』
*『コンシリエンスとレジリエンス』


tag: 3.11, アナログ性, アフォーダンス, インターネット, インターン生, コンシリエンスデザイン, コンセプト, コンセプト主義, コンテクスト, ストーリー発想, スマートシティ, テクノロジー, デザインテクノロジスト, デザイン発想, デジタル化, ビッグデータ, プライバシー, ライフケア, ライン, レジリエンスデザイン, ロボット社会, 不可欠, 主義, 人工知能, 人災, 価値創出, 全大学, 公募, 制度設計, 創発, 呪縛, 問題解決, 国内, 基盤化, 大欠落, 天災, 実務実績, 対策, 対象, 幸福, 復興, 思考, , 手法論, 教訓, 文脈, 最大目標, 未来創成, 根本, 概念, 次世代デザイナー, 物語性, 疑問, 目標, 看医工学, 研究員, 破綻, 社会, 結果, 置き手紙, , 観念, 解放, 言葉, 計画, 認識, 陵駕, 集約, 高密度情報ネットワーク


目次を見る

3 Responses to “『コンセプト主義からの解放=デザインテクノロジスト』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:06 AM on 6月 19th, 2016

    [...] と、 その拡大的かつ深度を知ってもらいたいと考えています。 *『コンセプト主義からの解放=デザインテクノロジスト』 *『SF映画が示唆していること=その真実性と想像性』 *『モ [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:29 AM on 1月 13th, 2017

    [...] * 『天災・人災の日本こそ地球保全と人類存続をデザイン』 * 『コンセプト主義からの解放=デザインテクノロジスト』 * 『広島被災地に「パウダースマイル」を!』 [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:08 AM on 4月 7th, 2017

    [...] * 『日沈む景観であっても景気はデザインが主導する』 * 『コンセプト主義からの解放=デザインテクノロジスト』 * 『「企画書」づくりが私の休暇の積み重ね』 [...]


This entry was posted on 水曜日, 4月 6th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.