kazuo kawasaki's official blog

『レジリエンスの学習はデザインにつながる』





自分が「KK塾」=阪大主催の無料セミナーを開催しました。
講演者を招き、対談と提唱テーマは「コンシリエンスデザイン」。
その核心では、「レジリエンスデザイン」を教えている教育現場は無いと
強烈にアピールしていました。
ところが九州大学のデザイン系でこの研究テーマがありちょっと驚き、
それが科学研究テーマに採択されました。
ところが、今回、まさに九州で大地震は今なお連続しています。
そして崇城大学には後輩が博士号を取得して教員に、現場は熊本でした。
早速に、どこまで可能かと「レジリエンスデザインチーム」を、
大学に声をかけ、参画とともにそれぞれの方法論を求めました。
早速に、東京理科大からは建築基本法の必要性や、
静岡県立大学からは医療介護情報などをいただきました。
そしてFB内にサイトも立ち上げ教員の皆さんにはそれぞれの学生さんにも、
新たなデザインアイディア・建築や環境アイディアを求めています。
とりあえず、その基本となる「レジリエンス」に関わる代表的書籍です。
レジリエンスとは「強靱化」ですが、
 3.11後の「国土強靱化」だけではなくて、まずは災害時の
ストレスやプレッシャーに打ち克つ、特に精神面を
デザインで可能にするということです。
そのためには、「コンシリエンスデザイン」そのものが拡大すると
自分には明確にそれも迅速に実務実績をめざすプレシャーがあります。


*『次世代デザインの「KK塾」スタートです』
*『学術+芸術の統合性=コンシリエンスデザイン:KK塾』
*『医工連携を看医工学ベクトルとしてさらに強化』
*『レジリエンスデザインチームで少しでも支援を』
*『レジリエンスデザインを熊本に差し出す』


tag: 3.11, FB, KK塾, アピール, コンシリエンスデザイン, サイト, ストレス, テーマ, デザインアイディア, デザイン系, プレシャー, プレッシャー, レジリエンス, レジリエンスデザイン, レジリエンスデザインチーム, 主催, 九州, 九州大学, 代表的, 医療介護情報, 博士号, 参画, 取得, 可能, 国土強靱化, 基本, 大地震, 大学, 学生, 実務実績, 対談, 崇城大学, 建築, 建築基本法, 強烈, 強靱化, 後輩, 必要性, 打ち克つ, 拡大, 採択, 提唱テーマ, 教員, 教育現場, 方法論, 早速, 書籍, 東京理科大, 核心, 災害, 無料セミナー, 熊本, 現場, 環境アイディア, 研究テーマ, 科学研究, 精神面, 講演者, 迅速, 連続, 開催, 阪大, 静岡県立大学


目次を見る

One Response to “『レジリエンスの学習はデザインにつながる』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:18 AM on 4月 25th, 2016

    [...] *『レジリエンスデザインチームで少しでも支援を』 *『レジリエンスの学習はデザインにつながる』 *『デザインは記号論的な「造形言語と形態言語」での論理化』 [...]


This entry was posted on 木曜日, 4月 21st, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.