kazuo kawasaki's official blog

『客員教授の優れたオンリー教科書があるということ』





デザイン教育は今では二つの目的が出来ています。
それはデザイナーとしての技術習得と、
デザインを教養として学ぶ知識習得です。
私の世代は、知識習得はほとんど独学であり、
先生は入り口の話だけでした。
そのためデザイナー教育オンリーだったと思います。
だから同期はすべてがデザイナーでした。
しかし、最近はデザイナーになること自体が困難、
あるいは教養としてのみ、
そのような学生が増えています。
紹介するのは、ある美術系大学のデザイン系だけに、
デザイン評論家としても高名なS女史が、客員教授として、
自費でここまでの教科書を作成して講義しておられることです。
S女史の、自分の恩師である柳宗理先生について、
講義用に作成された小冊子を見て驚くとともに、
ここまでも準備をとのことでした。
少なからず、この恩師の解説は、まさに柳先生が海外での活動を支援された
彼女自身の体験とともに、間近で見てこられたことや、
彼女の収集品まであって最高のできでした。
惜しむらくは、
この小冊子がその美術大学のデザイン系だけのものということです。
おそらく、この小冊子だけでも一冊のデザイン教科書になります。
そしてもう一つ驚いたことは、
その大学の教員がこの4冊の教科書があることを知らなかったことです。
自分はもはやデザイナー教育は限られていますが、
これほどの準備はしていません。
デザイン系大学が、どれほど詳細な教育をしているかは、
一般大学には知られていませんが、
デザイナー技術習得と知識習得はとても優れているということです。

*『大学でのデザイン教育=デザイナー育成をめざす』
*『教え子で得をしたことがあります。・・・』
*『主要3科目こそ受験勉強=回答訓練でしかない受験勉強』
*『デザイナー能力の格差が拡大している』
*『日本のレンダリング技術は先輩が切り開いてくれた』


tag: S女史, デザイナー, デザイナー教育, デザイン, デザイン教科書, デザイン教育, デザイン系, デザイン評論家, 一般大学, 世代, 体験, 作成, 先生, 入り口, 収集品, 同期, 困難, 大学, 学生, 客員教授, 小冊子, 当然, 恩師, 技術習得, 支援, 教員, 教科書, 教育, 教養, 最近, 最高, 柳宗理, 活動, 海外, 準備, 独学, 目的, 知識習得, 紹介, 美術大学, 美術系大学, 自体, 自費, 解説, , 詳細, 講義, 講義用, 間近, 高名


目次を見る

One Response to “『客員教授の優れたオンリー教科書があるということ』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:11 AM on 11月 1st, 2016

    [...] * 「スニーカーは進化しているだろうか?」 * 『客員教授の優れたオンリー教科書があるということ』 * 『二つのビンテージカー番組に生きる文化論』 [...]


This entry was posted on 木曜日, 4月 28th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.