kazuo kawasaki's official blog

『次世代デザイナーへの手本になりたい事例を発表予定』





アプローチはほぼ3年、そして本格的には2年、
しかも自分の問題としてこのデザイン実務に取り組んできました。
本当は、「手を洗うこと」にとても真剣になったのは、
敗血症になり多臓器不全死まで重篤から復帰してからでした。
自分の問題として取り組むのがインクルーシブデザインです。
つまり、人称、一人称「自分のために」というデザイン。
だから最近は、「もし貴方が入院や介護を受けるとしたら?」、
「自分がこの解決をつけたんだ」と考えてくださいと周囲に主張しています。
「手を洗うこと」、これは感染症を真っ先に予防する手段です。
正直、自分も徹底的に洗うのは自宅洗面所が最も多く、洗剤始め装置には
職業がら細心で最新を求めています。
しかし、自分デザイン、それは自分流の問題解決と価値を新たに、
それを何とか日本独自の新しい産業分野を創成していきたいと願っています。
「手・掌」を清潔にするには、
洗うことはもとより、最近はいくつか方法がありますが、
洗ったときの泡のことから、手・掌の各部位をはじめ、
いろいろと商品世界はありますが、
自分には根本が欠落していると考えます。それこそ歯磨きも同様です。
歯ブラシでのブラッシングでは結局25%程度しか清潔ではありません。
先般も石鹸メーカーに「泡」のことについてかなり話し込んでしまいました。
なんとか、知識よりも知恵をもっともっとデザイナーは発信するべきです。
ようやく、昨年は国からの中間審査もあり、心地よくはありませんでしたが、
プレゼ後には反対に大賛同をもらい逆にアイディアをいただいたほどです。
次には手術の術者の完全無菌化から、もう一つは「うがい」をどうすべきか、
こうした難問に取り組んでいかなければなりませんが、
自分の狙いはもう一つあります。
尊敬される日本のモノづくりを
支援する次世代デザイナーに気づいてほしいのです。

* 『コンシリエンスデザインの認識に向けて』
* 「健康は失い薬づけだが幸運なり」
* 「泡・バブルって、やっぱり凄いんだって思います」
* 『手の消毒、そんな時代になっている?』
* 「『きれい』にすることが『美しい』こと」


tag: インクルーシブデザイン, ブラッシング, モノづくり, 一人称, 中間審査, 予防, 人称, 介護, 価値, 入院, 創成, 商品世界, 問題解決, 多臓器不全, 完全無菌, 実務, 尊敬される, 復帰, 徹底的, 心地, 感染症, 手を洗う, 手を洗うこと, 手術, 掌. 手・掌, 敗血症, 最新, 本格的, 根本, 欠落, 次世代デザイナー, 歯ブラシ, 歯磨き, , , 洗剤, 洗面所, 清潔, 狙い, 産業分野, 石鹸メーカー, 細心, 職業がら, 自分のために, 自分デザイン, 自分流, 自宅, 術者, 装置, 解決, 賛同, 部位, 重篤, 難問


目次を見る

One Response to “『次世代デザイナーへの手本になりたい事例を発表予定』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:57 AM on 8月 12th, 2017

    [...] * 「泡・バブルって、やっぱり凄いんだって思います」 * 『次世代デザイナーへの手本になりたい事例を発表予定』 * 「Media Allianceへのアフェレーシス」 [...]


This entry was posted on 月曜日, 7月 18th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.