kazuo kawasaki's official blog

『ペンホルダーある組み合わせの筆記具は自分表現』





自分にとって、筆記具、特に万年筆・ボールペン・ローラーボールは、
いつも組にして持ち歩いています。
それは自分なりのファッション性=スーツやジャケットとの整合性です。
そしてこれらの筆記具は全て優れた性能性・効能性・機能性が私判断での
選択眼の証拠でなければならないという考え方を表現しています。
たとえば、筆記具を選ぶときに、これらの筆記具を見せれば、店員さんの
筆記具知識は明確にしてしまいます。
理由は簡単なことです。
それは筆記具の歴史性をすべて知り尽くしていることを表しているからです。
これら筆記具を見せてこれらに匹敵する店舗の知識を確認出来るからです。
二本入りのケース色も、ファッションの原点であるTPO、
自分にとってTPOなどは決してファッション要因であることは否定ですが、
一般的にはわかりやすいからです。
最近はファストファッションの商品が一般価格になっていますが、
男にとってのスーツやジャケットにはペン差しがもう廃止されています。
自分にはこの傾向を悲しんでいます。
胸ポケットに万年筆を差し込むのはスーツに基本としては大失敗なのです。
夏は真っ白のこのペンの組み合わせには、
フォーマル性もカジュアル性も存分にあります。
これこそ、Consilienceな知性表現だと認識しています。


* 『ファッション誌で知ってさらに自分ファッション』
* 『持ち歩いてるペンたちが語っている文房四宝』
* 「景観への精神状況がそのままファッションに連鎖している」
* 「モードからファッションへ、そして遡及する記号の再生産」
* 「やはり、持ち物はブルーが基本」


tag: Consilience, TPO, カジュアル性, ケース色, ジャケット, スーツ, ファッション, ファッション性, ファッション要因, フォーマル性, ペンホルダー, ペン差し, ボールペン, ローラーボール, 万年筆, 二本入り, 効能性, 大失敗, 店員, 廃止, 性能性, 最近, 機能性, 歴史性, 知性表現, 知識, 私判断, 筆記具, 組み合わせ, 考え方, 胸ポケット, 自分表現, 認識, 選択眼


目次を見る

One Response to “『ペンホルダーある組み合わせの筆記具は自分表現』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:21 AM on 10月 18th, 2017

    [...] * 『イコン=アイコンが明解なモンブランとペリカン』 * 『ペンホルダーある組み合わせの筆記具は自分表現』 * 『最高級品=最高価格であるべき万年筆の登場の意義』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 8月 28th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.