kazuo kawasaki's official blog

『商品価値のための特徴と特長のイコン=アイコン』





自分の記憶が曖昧なのですが、
「アイコン」をパソコンで知ったときに
ある小説と、もうひとつはロシアの美術学校で伝統的なイコン制作を
TVドキュメントで見たときでした。
したがって、今なお、イコン=icon=アイコンを連鎖させているのは
ロシア正教やカトリック教での正教像、そこから画像や図像、イメージで
パソコン画面上でのアイコンに結びつきます。
この源は似姿、印象、イメージが米国での哲学用語として、
ピクトグラムがアイコンとなって、一目でわかるということになりました。
改めて、正教画であった図像では平面図表現に透視図法までの歴史は
アイコンとして、コンピュータ画面上での動画に変化していくことに、
とても似ているように思います。
自分デザインでは、あるメーカーの16×16のアイコンは16進法で制作し、
やがてこの手法から32×32のアイコンづくりをした経験があります。
ところが、コンピュータ画面上でのアイコンは、
今ではすっかりとブランド商品の
「特徴と特長的なかたち」表現になっています。
昨夜は、万年筆でモンブランとペリカンを取り上げましたが、
このアイコン、すなわち、「かたちの特徴=特長」の明確さが
商品価値になっていることを日本のモノづくりはすっかり忘れています。
TV-CFであろうが、単なる応答商品や回答商品であっても、
アイコンの重要性をあらためて、こうした正教画像とともに再認識が
とても大事と思っています。



* 「人形・ワイフのコレクションにみる『ブランド価値』」
* 「健康自己管理としての血圧計の見直し」
* 「手旗信号、モールス信号、子供の頃から現代まで」
* 『忘れるなかれ、デザインは正面にあらず』
* 『デザインは解である』


tag: 16×16, 16進法, 32×32, icon, TV-CF, TVドキュメント, アイコン, イコン, イメージ, カトリック教, コンプピュータ画面, パソコン, ピクトグラム, ブランド商品, ペリカン, モノづくり, モンブラン, ロシア, ロシア正教, 伝統的, 似姿, 再認識, 印象, 哲学用語, 商品価値, 回答, 回答商品, 図像, 小説, 平面図, 応答, 応答商品, 正画像, 画像, 画面上, 美術学校, 記憶, 透視図法


目次を見る

One Response to “『商品価値のための特徴と特長のイコン=アイコン』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:24 AM on 10月 27th, 2016

    [...] * 「C.I.デザインの源流としての思想」 * 「常に目周りは気になる」 * 『商品価値のための特徴と特長のイコン=アイコン』 tag: Cash Cow, Dog, PPM, Problem Child, Star, コンシリエンスデザイン, スター商品, [...]


This entry was posted on 木曜日, 9月 8th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.