kazuo kawasaki's official blog

『自分デザイン代表作はアプリでも展開、そして無念。』





正直なところ、打ち合わせの連続で、
自分もやや体調すぐれずでした。
そこに美大後輩から訃報が届きました。
この歳になると突然に周囲の知人、友人が旅立ちます。
「タカタレムノス」高田博社長の突然死そして同世代。
生きることは死んで行くこと、だからそろそろ終活、
しかし、まず、「なぜ?、あの置き土産は?」が昨夜から・・・・・。
「タカタレムノス」最期に会ったのは阪大まで彼が相談に来たからでした。
「タカタレムノス」と言えば、デザイナーにとってはなんといっても、
デザイン力量を試せるクライアントになってもらえる企業でした。
その企業の立ち上げに最初に関わり、その代表作でした壁掛け時計は、
NY・クーパーヒューイット美術館で「The Clock」称号を受け、
永久展示になりました。
EIZOで商品化したFORIS.TVと同色もHOLAにはあります。
そして、バーチャルでアプリにまで展開している壁掛け時計は、
おそらく、世界でも唯一だと思います。30年前の作品です。
9/11に彼は旅立ちました。
会社からも電話を受け、急いで花を手配、電報を打ちました。
「あの置き土産、君がいないと出来ないよ」と・・・・
企業立ち上げと同様に、彼は最期の企画を自分にぶつけてくれました。
もう、残しておくことをまたも突発にも彼が自分に言ってくれるとは、
全く思ってもいませんでした。
合掌せざるをえませんが、無念至極です。

「タカタレムノス」沿革

* 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』
* 「iPhoneアプリ・もう一度知らせます」
* 「『まさか』=想定外をめざす詳細造形」
* 「背面に仕組む製品記号論」
* 1月11日Staff Blog


tag: EIZO, Foris.TV, HOLA, The Clock, アプリ, クライアント, クーパーヒューイット美術館, タカタレムノス, デザイン力量, バーチャル, 代表作, 合掌, 同世代, 同色, 唯一, 壁掛け時計, 打ち合わせ, 旅立ち, 最期の企画, 死んで行くこと, 永久展示, 無念, 無念至極, 生きること, 突然死, 立ち上げ, 終活, 置き土産, 美大後輩, 自分デザイン, 訃報, 高田博


目次を見る

2 Responses to “『自分デザイン代表作はアプリでも展開、そして無念。』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:13 AM on 4月 30th, 2017

    [...] と色鉛筆タッチの作品が届いていればと合掌する次第です。 * 『自分デザイン代表作はアプリでも展開、そして無念。』 * 「生はカタストロフィとの接点にある」 * 『製品記号 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 11月 26th, 2017

    [...] * 『自分デザイン代表作はアプリでも展開、そして無念。』 * 『「時計」はデザイン対象、デザイン力量が試されている』 [...]


This entry was posted on 月曜日, 9月 12th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.