kazuo kawasaki's official blog

『黒板を集団の発想道具としての未来ボードデザインへ』





「黒板アート」本当に凄いと思います。
「黒板」というのは自分らが高校時代ごろから「グリーン色」になったようです。
福井大学で非常勤講師になったとき、新品のチョークを受け取り、
なんだか緊張(普段緊張しないが)して、非常勤なれど伝えるべき事を伝え、
学生に建築家への意欲を持ってほしいと思いました。
数人の個性が建築に向かい、若手建築家も生まれました。
ところが、ホワイトボードがすっかりビジネス場面で用いられ、
さらに大学でもとなったとき車イスでもOKな
特別仕様を造ったぐらいでした。(中央)
なんといっても、いわゆる黒板とチョークは、
カリグラフィーを書くときはとってもしっくりします。
NHKの「ようこそ先輩」では、黒板にしっかりとカリグラフィーで、
デザイナーって流石だろう(うぬぼれにすぎず)と、
名前をいわゆる英文字ゴシック体アルファベットで描いてみせました。
今ではホワイトボードで書道が可能な筆や顔料墨ボトルセットが生まれ、
審査委員会では大絶賛し「日本文具大賞」で優秀賞の表彰をしたほどです。
今、明確に「未来の黒板」が見えています。
すでにデザインモデルは出来上がっています。
絶対にこの時代になると思っています。
黒板、ホワイトボード、未来の黒板、このコンテクストは、
大きな皆で考え合う大切な集団的な発想道具だと思っています。
Back to the Futureの真の意味があるのです。
背中に未来を背負っているのです。


* 『石ころとスタイラス』
* 『黒板メーカー・馬印が実現してくれた「価値」』
* 『商品のシリーズ化』は大きさの性能が全体機能である
* 『毛筆も万年筆も細軸だから可能になる運筆がある』
* 『Macの進化と自分の進化は使い分けるべきでしょう』


tag: うぬぼれ, アルファベット, カリグラフィー, グリーン色, コンテクスト, チョーク, デザインモデル, ビジネス, ビジネス場面, ホワイトボード, 個性, 優秀賞, 墨ボトル, 審査委員会, 建築家, 日本文具大賞, 書道, 未来の黒板, 流石, 特別仕様, 発想, 発想道具, 福井大学, 緊張, 若手建築家, 英文字, 英文字ゴシック体, 車イス, 集団, 非常勤講師, 黒板, 黒板アート


目次を見る

One Response to “『黒板を集団の発想道具としての未来ボードデザインへ』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 1月 5th, 2017

    [...] 言われようが、 実は筆跡の品格だと私は確信しています。 * 『黒板を集団の発想道具としての未来ボードデザインへ』 * 『毛筆も万年筆も細軸だから可能になる運筆がある』 * [...]


This entry was posted on 木曜日, 9月 29th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.