kazuo kawasaki's official blog

『諦観からの発想でこの国家・民族が選ぶべきデザイン』





おそらくこれだけ落胆をさせたドキュメント番組は無かったでしょう。
日本、わが国の少子化と老人社会は、ローカルはもちろんのこと、
首都東京までも悲惨極まり無い状況が年毎に迫ってきています。
その具体的な事例を、東京、ローカル山村、破産都市・夕張の実態を観て
その破産都市への進行がまさに2020年オリンピックどころでは無いのです。
夕張には一度行ったことがあります。
SL列車、その最期の録音にオーレックスチームで出かけました。
当時でも、とても寂れた街でしたが、SLの蒸気機関車3連走は素晴らしく、
その録音はレコードになったほどでした。
当時、北海道での公立大学学長候補だったときには、
この街へのデザイン導入を、様々に発想して真剣に考えたこともあります。
しかし、現市長の給与や交通費は自腹というのを観ると、
なんと地方首長、地方の県市議会議員にこれほどの差異がと呆れます。
2050年まで自分の命は無いと思っていますが、
日本というこの国家、そして日本民族の未来の消滅を確認させられました。
ふるさと福井県も人口減少の進行が進んでいますが、
豊島区の20代の年収を知ると、結婚どころか「貧しい国家」は歴然です。
我々は今、諦観あるうちにredesign=諦めてこそのデザインがあるのです。


* 『silience=無意識だけれども重要な知的核心という解釈』
* 『忘れた頃にを想定内に!』
* 『1949.2.26日から生きている=死んでいく私』
* 「一極集中・東京が引き込んだ失策」
* 「喧嘩道には制度的なサンクションが作動する」


tag: 2020年, 2050年, 3連走, redesign, resign, SL列車, ふるさと, オリンピック, オーレックス, デザイン導入, ドキュメント番組, レコード, ローカル, 人口減少, , 国家, 地方首長, 夕張, 少子化, 市長, 年収, 日本民族, 民族, 消滅, 県市議会, 破産都市, 福井県, 結婚, 給与, 老人社会, 自腹, 蒸気機関車, 諦観, 議員, 豊島区, 貧しい国家, 通費, 録音, 首都, 首都東京


目次を見る

One Response to “『諦観からの発想でこの国家・民族が選ぶべきデザイン』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:59 AM on 3月 19th, 2017

    [...] * 『「新聞紙」というメディアが消える日が近づいている』 * 『諦観からの発想でこの国家・民族が選ぶべきデザイン』 tag: 1970年, 3.11, Eyes wide shut, TV番組, ふるさと, インダストリアルデザイン, [...]


This entry was posted on 火曜日, 10月 11th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.