kazuo kawasaki's official blog

『「哀しみにデザイン」そろそろ車イスデザインを書こう』





来年2017年で、車イス生活40年になります。
したがって、歩いていたこと、スキー、ロッククライミング、
少林寺拳法、遠泳、飛び込みなどに懸命な自分、
これを知る人は美大時代から社会人での28歳までのことでした。
「絶対に車イスのデザインはしない!」と思っていましたが、
銀座のショーウィンドウに映った自分を見てその気持ちは変わりました。
「お母さん、なんであの人はあんなのに乗ってるの?」
「・・・ちゃんも、悪いことをすると、乗るのよ」
・!・・(なんでだ?)、この身体を切り裂かれたような差別衝撃で、
自分は「車イスのデザイン」に取り組むことになりました。
そういえば、この10年におよぶブログで、「車イスデザイン」について、
デザインプロセスは一度も書いたことがありません。
企画書タイトル・プロスペクタスは「哀しみにデザイン」でした。
車イス名は「CARNA」=生活を護る女神でした。
その最初のデザインゴールモデルが、この写真でした。
「走行性能」+「身体保持性能」での最軽量化をめざしました。
三つのデザイン・デザイナー知識獲得を自分に課しました。
 ● イスの歴史とその性能と機能をもう一度学ぶこと
 ● 車イスの歴史・車イス効能を徹底的に知り尽くすこと
 ● 自分使用であること=一人称デザインにこだわること
この三つを、「哀しみ」に向けて、デザインでの「問題解決」でした。
軽量化は6kgであることと新素材の追求でした。
しかし、丁度、体を壊して福井にもどり、デザイナーとしては、
伝統工芸産地に飛び込んでいました、当然、収入はゼロでした。
まして、そのデザインに夢中であり、コンピュータの登場が始まっていました。
「哀しみにデザイン」は伝統工芸とコンピュータに挟まれたデザインでした。


* 『車イスデザインに取り組み、今や、電動車椅子と制度改革』
* 『歩けた頃=スキーに夢中だった時の写真が届いた』
* 『「岳人」が教科書だった時代を思い出す』
* 「やっぱり、なぜこれほど落ち着くのだろう」
* 「誤謬へのシンボライゼーションプロトタイプ」


tag: CARNA, イス, イスの歴史, コンピュータ, ゴールモデル, スキー, ゼロ, デザインゴール, デザインプロセス, ブログ, ロッククライミング, 一人称デザイン, 伝統工芸, 伝統工芸産地, 倚子, 効能, 収入, 哀しみ, 問題解決, 少林寺拳法, 差別, 性能, 最軽量化, 椅子, 機能, 歴史, 生活を護る女神, 知識獲得, 社会人, 美大時代, 自分使用, 衝撃, 走行性能, 身体保持性能, 車イス, 車イスデザイン28歳, 軽量化, 遠泳, 飛び込み


目次を見る

2 Responses to “『「哀しみにデザイン」そろそろ車イスデザインを書こう』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 1月 3rd, 2017

    [...] イナーゆえに見いだした問題解決だと宣言しておきます。 * 『「哀しみにデザイン」そろそろ車イスデザインを書こう』 * 「資本論が引きずっていることから早く解放されるべき [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:09 AM on 8月 6th, 2017

    [...] * 『デザイン主導のフライング・カー時代がせまっている』 * 『「哀しみにデザイン」そろそろ車イスデザインを書こう』 * 『ユニバーサルデザイン・バリアフリーはまだ未消化』 [...]


This entry was posted on 日曜日, 10月 30th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.