kazuo kawasaki's official blog

『超軽量で収納コンパクトな電動車椅子をめざして』





「車イス」で不可能なことはいっぱいあります。
中でも、階段を上ることは不可能ですが、
ほとんどプロとも思えるバスケットの選手が、
リハビリ訓練で階段上下動見たことがありますが絶対に不可能です。
エスカレーターでは登り専用では介護を伴って試したことがあります。
これは地震の際は、エレベーターは全く使えません。
今では階段を上下可能の車イスは
車輪そのものが無くてキャタビラ車輪はありますが、
自分が試したことが無いので使用感はわかりません。
さらに、浮力性があって潜水可能な車イスは見たことがあります。
現在自分が使用している車イスを越えているのは2台程度、
その中でも電動車イスは相当に出てきましたが、
自分が採用し使用しているのは、折りたためることと軽量でも20Kg。
車載、さらに海外への飛行機では、何度もトラブルを経験しましたが、
ADA法(USAでの身障者保護法律)通過していることを理由に、
あとは、リチウムバッテリーゆえに機長判断になります。
これまでは一人称デザインでの車イスゆえに、自分専用でした。
そして街では見かけられないことから、調査までされましたが、
美術館やハウジングメーカーさらにはオーダーメードに徹してきました。
哀しみのためのデザインをCARNA=スニーカーのような車イスから、
新たな素材や車輪で超軽量で収納性での
コンパクトな電動車椅子がようやく見えてきました。


* 『レコード盤に五塵ありなのだろうか、ならばその塵を取る』
* 「現在使用のバッテリーパック・・・携帯電力を再考」
* 『 インクルーシブデザインとは「人称デザイン」である』
* 『盟友のエッセイから思い出した=スタイライゼーション』
* 「デザインは皆無だ!・・・誤りのデザイン」


tag: ADA法, CARNA, オーダーメード, キャタビラ, キャタビラ車輪, コンパクト, スカレーター, スニーカー, トラブル, ハウジングメーカー, バスケット, プロ, リチウムバッテリー, リハビリ訓練, 一人称デザイン, 上下可能の, 不可能, 人称デザイン, 介護, 使用感, 収納, 地震, 折りたためる, 機長判断, 素材, 美術館, 超軽量, 車イス, 車載, 階段, 階段上下動, 電動車イス, 電動車椅子, 飛行機


目次を見る

One Response to “『超軽量で収納コンパクトな電動車椅子をめざして』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:29 AM on 8月 14th, 2017

    [...] * 「車イスデザインのための文脈づくりに気づく」 * 『超軽量で収納コンパクトな電動車椅子をめざして』 * 『 インクルーシブデザインとは「人称デザイン」である』 tag: [...]


This entry was posted on 木曜日, 11月 3rd, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.