kazuo kawasaki's official blog

『四句分別にある明解な「的」は曖昧性を強化する』





「やさしい」という日本語には観自在性があります。
それは「優しい」と「易しい」であり、
この峻別が曖昧にされていた時代がありました。
これは道元的な「四句分別」が必要と行き着いたことがありました。
観自在=思考闊達な想いと思いに、ある意味ではYesかNoかについて、
日本人にはどちらか明確にという世界的な風潮がのりかかりました。
しかし、私はこれを日本の仏教、特に禅宗的な道元思想の中で、
観自在に潜む曖昧性への積極化を「的」という表現に込めたことがありました。
その当時には、思想界においてもこの論理を中村雄二郎先生に
徹底的教えていただいたという幸運がありました。
安全だけども安心はできないことと安心だけど安全だとはいえないこと。
信頼はできるけど信用はできないことと信用はできるけど信頼はできないこと。
主観的だけど客観性があること、客観的だけど主観性が入り込むこと。
私は日本の、YesだけどNoでもあることは、NoではあるがYesということ。
おそらく、日本独自の哲学だから、白か黒かと迫られても、
グレーが存在すること。
こうしたことから、「やさしい」ということにおいては、
優美という決して目立ってはならない優しさある美と、
容易だから易しいだけで美も無視されていることにおいても、
日本人にはこの思考思潮、この重要性を見つけました。
自分の生涯での思考だと、未だに迷っていると言わざるをえません。
けれども「四句分別」で乾坤の生と死を見詰めていると判断しています。


* 『ロボットという玩具?・ロボットはおもちゃか?』
* 『わが哲学の恩師・中村雄二郎先生』
* 『デジタルな火と水を傍らに置く重大さ』
* 『思考の「考」は思うことを経験が判断する』
* 『コンセプトから逃走してほしい・・・』


tag: No, Yes, やさしい, グレー, 中村雄二郎, 主観, 主観性, 主観的, 乾坤, 仏教, 信用, 信頼, 優しい, 優美, 四句分別, 安全, 安心, 客観, 客観性, 客観的, 容易, 峻別, 思い, 思想界, 思考思潮, 思考闊達, 想い, 日本人, 易しい, 曖昧, 曖昧性, , , , , 禅宗, , 観自在, 道元, 道元思想, 風潮,


目次を見る

One Response to “『四句分別にある明解な「的」は曖昧性を強化する』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:48 AM on 4月 22nd, 2017

    [...] です。 正方形・正三角形・円は、要素の決定因だと考えます。 * 『四句分別にある明解な「的」は曖昧性を強化する』 * 『神仏像をもっと知っておきたいと考える』 *  *  * [...]


This entry was posted on 火曜日, 11月 15th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.