kazuo kawasaki's official blog

『製品から商品へのデザイン投資のサインカーブ』





日本は貿易立国でなければ国家存続は不可能です。
貿易立国である大きな条件として、
自分はモノづくり、そのデザインを職能としてきました。
もはや特にインダストリアルデザイナー、プロダクトデザイナーは、
私の天職になっていると公言できるほど様々な領域の工業製品、伝統工芸に
デザイン手法、つまり問題解決・価値創出・未来創成に関わってきました。
その成果も、すでに何冊かの作品集になっています。
そして今なおデザイン教育者としての立場では、
「KK適塾」を開催してきています。
そうした中で、原丈人氏の「公益資本主義」での
基幹産業としてのベンチャーキャピタルの図とデザインの関係を
「KK適塾」でも紹介しましたが、この展開と詳細さを深めていきます。
現在わが国の製品開発から商品展開は
「失われた20年」や「ガラパゴス化」など、
日本の産業その低迷化は見事にデザインへの不信感にもつながっています。
重厚長大が軽薄短小となり、バブルの崩壊、リーマンショックは、
結局、日本の家電業界、その基盤産業をすっかりと失い、
これはやがて自動車産業界をも危うくしていくものと考えます。
したがって、このいわば正弦波的(サインカーブ的)に、
製品開発投資から商品投資として、デザインがどのように関わっていくかを
正直、この数日これまでの製品開発から商品展開を経験値と適合し、
新たな問題解決・価値創出・未来創成=デザイン、
この指標化を考えていました。


* 『やっと4冊目の作品集が出来上がった!』
* 『silienceからパラ理論とメタ理論への展開が可能になる』
* 『デザイン言語表現がコンシリエンスデザインになる』
* 『「KK適塾」は日本からのデザイン思想と実務の発信』
* 『サイエンスの限界にある美学性をさらに造語化』


tag: KK適塾, インダストリアルデザイナー, ガラパゴス化, サインカーブ的, デザイン手法, デザイン教育者, バブルの崩壊, プロダクトデザイナー, ベンチャーキャピタル, モノづくり, リーマンショック, 伝統工芸, 作品集, 価値創出, 公益資本主義, 公言, 原丈人, 商品展開, 商品投資, 問題解決, 国家存続, 基幹産業, 基盤産業, 天職, 失われた20年, 家電業界, 工業製品, 指標化, 未来創成, 正弦波的, 経験値, 自動車産業界, 製品開発, 製品開発投資, 貿易立国, 軽薄短小, 適合, 重厚長大


目次を見る

2 Responses to “『製品から商品へのデザイン投資のサインカーブ』”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:12 AM on 12月 27th, 2016

    [...] * 『2016ワールド・アライアンス・フォーラム会議に出席』 * 『製品から商品へのデザイン投資のサインカーブ』 * 『「KK適塾」は日本からのデザイン思想と実務の発信』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:35 AM on 11月 10th, 2017

    [...] * 『行学の士ならば、基幹産業は絶対に見つけ出すべきだ』 * 『製品から商品へのデザイン投資のサインカーブ』 * 「 Media Integrationに向かってきた系譜・2 」 *  tag: apple, G7, KK適塾, [...]


This entry was posted on 水曜日, 11月 30th, 2016 at 12:00 AM and is filed under ConsilienceDesign, 企望を「までい」具現へ, 未分類, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.